腹帯、引越し、外国人登録の更新、出産一時金、出生届

妊娠・・・HARAOBI
妻のおなかも大きくなってきて、そろそろ"はらおび"をしたほうが良いと産婦人科で言われた。「はらおび、ハラオビ、腹帯」初めて聞く言葉に戸惑っていると、看護婦さんが分かりやすく説明してくれた。何のことはない「腹巻」だ。ただ巻き方にコツがあっておなかのところで1回ずつひねるのだ。こうする事によってしっくりといく。二人で巻くほうがうまくいく。妻が一人で巻くと"ミイラ"みたいになってしまう。
2001/ 1/

--------------------------------
引越し
引越しした。二人そろって役所に行く。二つの申請をしなければならない。転居届(同じ区域のため)と外国人登録の変更だ。まずは転居届、新しい住所を書いて申請するだけ、本人の確認のために免許証を見せる。次に外国人登録の変更、新しい住所を書き、裏書してもらう。ここでひとつ不思議に思った。私たち夫婦は、一緒に暮らしている、なぜ二つの書類が必要なのか。住民票は私だけの名前しか明記されていない。子供ができたら子供の名前が住民票に載る。妻は帰化しない限り住民票には載らない。住民票の写しをとり、それを見せながら妻に話すと、少し目を潤ませながらじっと住民票の写しを見ていた。何とかならない? 何とかしてくれ!  
2001/ 2/

---------------------------------
引越し その2
先月引っ越しの時に感じたのだが、関係機関への電話は、同じことの繰り返しを話しているので一回ですむ方法はないのだろうか?
例えば電気の場合
(私) 「もしもし、今度引っ越しますので清算をお願いしたいのですが?」
(業者)「では、お客様番号と引っ越される日と引っ越し先の住所をお願いします。」
(私) 「えーと、お客様番号???、○○○-○○○-○○○○○です。2月○○日で住所は○○○○○です。」
(業者)「お客様、○○○○さん、現在の住所は○○○○ですね。」
(私) 「はい」
(業者)「では当日ブレーカを下げていってください。料金の明細書は新しい住所へ送ります。ありがとうございました。」
となる。ガスなどは引越し当日の確認の時間を決めたりする。これを、電気、ガス、水道、下水道、電話、NHK、などすべてしなければならない。最後の方の業者とのやり取りは、向こうが言わなくても言いたいことがわかってしまう。電気、NHKなどはインターネットでもできるようになっているが、入力する内容は同じなのでやっぱり時間がかかる。(入力する内容が多いので電話の方が早いと思う。)
また引越し先では電話の代わりに、はがきを出す。やはり書くことに代わっただけで時間がかかる。滅多にないことだからしょうがないといえばしょうがないと思う。今回はそういうことにしておこう。あと何年もしないうちに一回ですむことを願って。
2001/ 3/

---------------------------------
プロバイダをひとつにします。
今現在2つのプロバイダを使っている。これをひとつにしようと思う。(メールアドレスを一つにしようと思う。)
初めてのプロバイダが「DreamNet」である。これは、一ヶ月504円で使っている。主にホームページとメールに使用している。
その次のプロバイダが「ASAHI-NET」である。これは、一ヶ月472円で使っている。主にメールに使用している。
この2つのプロバイダを使って妻と私でメールの使い分けをしようと思ったのだが、結局使い分けられなくて、意味がなくなってしまった。そのため、「DreamNet」の一つだけにしようと思う。大変申し訳ないのですが、DreamNetにしてほしく、お願いします。
しばらくのあいだは、どちらでも使えるようにしますが、3ヶ月後をめどに無くすつもりです。宜しくお願いします。
2001/ 4/

---------------------------------
外国人登録の更新
そろそろ外国人登録の更新をする時期と思い、外国人登録カードを見ると、「次回確認(切替)期間 2001年○月○日より30日」と書いてある。運転免許の更新であれば、1ヶ月前から受け付けてくれるが、「~より30日」ということは、日にちが過ぎないと更新できないのか。
ふむふむ・・・ あと一ヶ月以上先の更新でよいみたいだ。
2001/ 5/

----------------------------------
出産一時金
出産一時金のことを聞きに社会保険事務所へ行ってきた。ご存知とは思うが、子供が生まれたときに役所からお金がもらえる制度で、それを出産費用にあてれば家計の負担が軽くなる。 30万円位もらえる。
一枚の簡単な用紙に必要事項を書けばいいみたいだ。医師の証明、又は役所の証明が必要になる。 2001/ 6/

-----------------------------------
子供の物いろいろ
先日、子供の服やおしめなどを買いに子供用品専門店に行ってきた。品揃えの豊富なこと、全部見て周ったら半日はかかるだろうと思った。「新生児は、50~60cmくらいの服がいいのか。」などと説明をみながら、そろえていった。私には、はじめてみるものばかりで新鮮だった。なんと説明すればいいのか、そこに流れている空気がやわらかく感じた。妻は、あれこれ見つけてはかごの中に入れていた。
結局、昼に行って、帰ってきたのは夕方だった。
2001/ 6/

------------------------------------
外国人登録の更新(確認)
外国人登録の確認申請をしに妻と役所へ行ってきた。外国人登録証とパスポートと写真2枚(4.5cm×3.5cm)を持っていく。外国人登録をした時と同じように申請書に必要事項を書き、写真と共に提出する。しばらく待つと、これも同じように「いつからいつまでの間に取りにきてください。(外国人登録証明書交付予定期間指定書)」と書かれた書類を渡される。一ヶ月もかかるのかなどと考えていると、役所の方から、「今度取りにくるときは旦那さんが一人で来てもよいです。(代理人の受領でよい)」との事。その時には、免許証と印鑑を持参するという説明を受けた。前は本人が来ないとだめだ、などと言っていたのに、ずいぶんやさしくなったな、などと思いながら家に帰った。家に着き、書類を見てみると「代理受領できる者は、同居する親族である」などと書かれていた。とてもよいことだ。
もし代理人が受領した場合、その後2週間以内に前の登録証を返却しなければなりません。
2001/6/

-------------------------------------
出生届
病院の先生から出生証明書をもらう。出生届と出生証明書がA3の用紙の左右一対で一枚になっている。右側が出生証明書で病院の先生の印が捺されている。名前の欄は空白だ。(そのまま空白でよい。)私が左側に子供の名前と住所など書く。
翌日、母子手帳と印鑑を持って役所に行く。問題なく受理されるはずだったが、母親の名前の書き方で、いろいろと聞かれる。(※)ごたごた役所内でやっていたが、訂正することもなく、無事、受理された。2週間くらいで戸籍に記載されるみたいだ。

※ 私の妻は、婚姻したときに名前の変更届をしました。普通外国籍の方と婚姻すると、前の姓名がカタカナ表記されるはずですが(別々の姓のまま)、妻の場合は、私の姓(漢字)+名(カタカナ)に変更しました。ですので私の戸籍に一筆、妻の名前を変更する旨が記載されています。今回提出した出生届には、姓(漢字)+名(カタカナ)を書きましたので、多分役所の方は、戸籍の確認や外国人登録などを確認するのに手間がかかったのかも知れません。戸籍関係の書類を提出する場合はご注意を!ちなみに外国人登録の通称名というのがありますが、あくまでも通称ですので、戸籍関係の届出には、不可と思います。
2001/6/

--------------------------------------
出産一時金の申請と扶養家族の登録
社会保険事務所へ出産一時金の申請と扶養家族の登録に行って来た。通常サラリーマンとして働いている場合には、社会保険事務所へ行かずに会社の方へ書類を提出すれば、全て手続きをしてくれる。私の場合は、訳あって直接行くことになった。申請用紙に必要事項を記入し振り込み先銀行を指定すれば、一ヶ月後位に振り込まれるということだ。
扶養家族の登録も2枚(正副)の申請用紙に必要事項を記入し提出すると、その場で保険証に子供の名前を書き入れてくれる。申請用紙の副と保険証を受け取る。実に簡単だ。
2001/6/