パソコンの値段2002年5月

日本から持ってきたパソコンの調子が悪くなって、そろそろ買い換えようという方、日本からは、デスクトップ型を持ってくるのは面倒なので、ルーマニアで一式そろえようという方、パソコンにはいろいろ種類がありますが、おおよその値段を調べてみました。

OSは別途ですので、日本から日本語のOSを持ってきてそれをインストールするのがいいと思います。 (2002年5月)

ノート型
[IBM THINKPAD 600E、TFT13.3、64Mb、HDD6G、Modem]・・・・・・・・・$ 900
[PⅢ1133、TFT14.1、128Mb、HDD20G、Modem]・・・・・・・・・・・・・・・・・$1800


デスクトップ型
[VIA733、64Mb、HDD5.1G、Modem56k、+モニター15”]・・・・・・・・・・$ 390
[Celeron500、64Mb、HDD5.1G、Modem56k、+モニター17”]・・・・・・・$ 430
[AMD ATHLON1100、128Mb、HDD20G、Modem、+モニター17”]・・・・$ 550


パソコンのキーボード

ルーマニアで売られているパソコンのキーボードは2種類あります。1つは英語版です。これはキーの配列は、日本語のキーボードの英語の配列とほぼ同じです。

もう1つは、ルーマニア語版です。これはキーの配列が少し違います。大きく違うのが[Z]と[Y]です。これが入れ替わっています。あとルーマニア語特有の[ă]と[î]が[P]の右に、[ş][ţ][â]が[L]の右になります。 [?][@]等も位置が変わります。

インターネットのすすめ

今はどこへ行ってもインターネットの出来る環境が整ってきています。ルーマニア国内はインターネットカフェの使用料を除き、家庭から接続する場合は通信速度からすると割高です。最近は接続の選択肢が増えましたので、自分にあった方法を見つけるとよいと思います。接続の方法、メールの送受信方法、その他インターネット関連を載せてあります。

インターネットの接続(インターネットカフェ)

町の中心にはインターネットカフェがあります。「INTERNET」などとデカイ看板があるのですぐに分かります。入って席につくと電源が入っていた場合は[click pentru aici]という所をクリックして使用することになります。だいたいどこのインターネットカフェでも同じようです。値段は1時間0.3$~0.4$位です。
英語版WINDOWSと英語版IEがインストールされています。日本語のホームページも見ることが出来ます。もし文字化けしてしまうようだったら、メニューバーの[view]の[encoding]の中にある [japanease auto]をクリックすると日本語表示されます。
POP3メールを使っている人もYAHOOメールなどを使って受信できます。
メールアドレス、メールサーバー名、メールサーバーのポートアドレス(通常は110)、 POPアカウント用ユーザー名、POPアカウント用パスワード、を入力すると外部メールの受信が出来るようになります。(日本でセットして行ったほうがよいと思います。)

一つ分からないのが日本語入力の方法です。「japanease IME」をインストールするしかないのでしょうか。インターネットカフェではインストールすることは出来ない、と思います。ここのところがいまいちよく分からない所です。ダウンロードしてインストールした場合、再起動が必要になります。これもインターネットカフェでは出来ないと思います。しかし24時間営業のインターネットカフェでない場合、営業終了時には一度電源を落とすはずですので、次の日に同じパソコンが使えた場合は、「japanease IME」がインストールされていますので日本語入力できるようになっています。但しインターネットカフェによってはインストール時にエラー表示されるようにもなっているところもあります。やはりその場でインターネットカフェの方に話すのが一番いい方法です。これはこの後も研究していきます。

英語バージョンのIEでも、日本語を表示できるのは上記で説明しました。しかしIEによっては、[encoding]の中の[japanease auto]というのがないところもあります。その場合、ダウンロードすればいいのですが、時間が掛かります。何度も行く、インターネットカフェであればダウンロードするのもいいでしょうが、1泊、2泊しかしないときにはこれも面倒です。そんな時の為の、いいURLを見つけました。
shodouka「ショドウカ」
です。ここの左上の[Location:]にURLを入力し[go!]をクリックすると日本語が表示されます。日本語の文字を画像に置き換えて表示するみたいです。日本を出発する前にURLを控えていかれると役に立つ時があると思います。
URLは
http://web.lfw.org/shodouka/
です。
(2001年9月)


インターネットの接続(海外ローミング)

日本から短期でルーマニアに行く場合は、海外ローミングがお勧めです。メールのチェックくらいに使うのであれば電話代もそれほど掛からないです。今、インターネットに接続しているプロバイダのホームページをご覧になると「海外ローミング」という項目があると思います。そこに利用料金、利用方法、アクセスポイントなどの情報が載っていると思います。利用料金は、[iPass社 15円~50円/分]、[GRIC社 20円/分]のところが多いのではないかと思います。どちらかの会社のダイヤラーソフトを使って掛けるのが簡単です。自分の行く町の名前さえ分かれば、一番近いアクセスポイントを探す事が出来ます。ルーマニア国内の各ジュデツ(県)に一つ以上アクセスポイントがあります。
日本から持っていくものは、パソコン(電源220V対応)、モデム(本当はルーマニア国認定のモデムでないといけないのですが、実際は日本国内のものでも使えます。)、モデムセーバー(これで電話回線が使えるかチェックします。)このくらいで接続できると思います。

実際に私がロマンの町で一般電話から接続してみました。ここルーマニアではローミング先がコネックス(CONNEX)のアクセスポイントが多いです。私の接続した先もコネックスです。したがって何も問題なく接続できました。

この海外ローミングで接続した場合にかかる料金ですが、日本のプロバイダの基本料、従量制の契約の場合はその時間分の料金、ローミング料、接続先までの電話代、と掛かります。ですので長時間接続すると結構な金額になります。これを安く済ませる方法があります。それは日本のプロバイダを ☆so-net☆ にすることです。これの「とことんコース」にしますと、一ヶ月2000円で無制限で使えます。これは海外のローミング料も無制限で使えます。(私が調べた中では、海外ローミング料が掛からないのは「so-net」だけです。)したがって一ヶ月2000円+ルーマニア国内の電話料金のみで出来ます。ある程度使う方には、この方法をお勧めします。

ではこれを私みたいな長期の滞在者が使う事が出来るのかといいますと、それは出来ないということです。 So-netインフォメーションデスクにメールで問い合わせてみました。「海外ローミングサービスをご利用いただく場合は、旅行や出張など短期間でのご利用を前提としております。」という回答をもらっています。どのくらいを短期間というか分かりませんが6ヶ月、1年は短期間にはならないと私は解釈しました。一ヶ月くらいならばこの方法を検討してみてはいかがですか。

※注意 So-netのとことんコースですが海外ローミング無制限では無くなりました。10時間までとなっています。2006年3月現在

インターネットの接続(プリペイドカード式)

プリペイドカード型になっていて、前払いした分だけ一定時間だけプロバイダに接続できるというサービスです。接続の設定などはカードに書いてあるという事です。 短期滞在か現地プロバイダを見つけるまでのつなぎに使うといいと思います。
Global Net internity」というショップがカードの種類も豊富に扱っています。購入する地域を選択しますと、販売店のアドレスを確認できます。
以下はカードの種類です。まだどれがいいのか私も使ってみているところです。使った方がいらっしゃいましたら教えてください。
IDILIS 
このIDILISですがカードは2種類あります。
1つは、30時間接続出来て150,000lei(240日間有効)、もう一つは、30日間接続可能 300,000leiのカードです。これにダイアルアップの電話代が掛かります。ですのでメールなど1日1時間~2時間つなげば十分な方は、前者を、それ以上使う方は後者を選択するのが良いと思います。
RDS.LINK
カード種類は5種類です。
10時間3ドル、25時間4ドル、50時間6ドル、夜のみ19:00~07:00 5ドル、常時可能10ドル、です。時間制限の10時間、25時間、50時間は365日間有効です。夜のみ19~07、常時可能は1ヶ月有効です。E-mailアドレス1カウントついてます。もちろんこれにプラス電話代が掛かります。

 それ以外のプロバイダ TOTALNET    FX   PC-NET
(2004年5月)

インターネットの接続(現地プロバイダ)

ルーマニアに長期滞在する時は、やはり現地プロバイダと契約する方が安くなります。滞在する場所、通信手段(アナログ、ISDN、ADSL、CATV、その他)、使用頻度などによってそれぞれどこがいいのか変わってきます。アナログのダイアルアップ接続(無制限)で1ヶ月7$~19$位です。ISDNのダイアルアップ接続(無制限64k)で1ヶ月7$~25$位です。これにプラス電話代が掛かります。
接続がある程度安定していて、まず問題ないだろうというプロバイダをいくつか記載しました。参考にして下さい。 (現地プロバイダのHPですので、全てルーマニア語です。一部英語です。どなたかルーマニア語の分かる方に見てもらってください。

ARtelecom
DIAL-UP,ISDN,専用線,SUPER NET
ルーマニア国内ほぼ全域をカバーしています。サポートもしっかりしていますし間違いないと思います。
以下はルーマニアのISPです。検索してみてください。
Xnet(Connex)・ Euroweb ・ Equant ・ ID Grup  ・ Kappa/Astral Telecom  ・ Logic Telecom  ・ RDSNet ・ Totalnet ・ FX Internet  ・ Pcnet ・ Canad ・ KPNQwest ・ Isflori  ・ Terra Sat  ・ ICI/RNC  ・ Mediasat ・ Vip Plus  ・ SNR ・ Digicom ・ Idilis ・ iNES Internet  ・ Sysco ・ ESS ・ AIGnet ・ Dial ・ Globtel Internet  ・ NetBridge ・ Datek 

インターネットの接続(常時接続)

やはりインターネットをするには常時接続したいものです。そんなの日本では常識になっていますが、ここルーマニアはまだまだそこまできていません。ビジネスでの使用が今の現状です。一般家庭ではまだ先の話です。
ダイアルアップ接続にしてつなぎっ放しにした場合、プロバイダへの料金は安いですが、電話会社へ払う料金が相当高くなります。こんな方はいないと思います。普通は、電話会社に専用線を引いてもらい、プロバイダとは常時接続の契約をします。これにしますとプロバイダの料金が高くなります。専用線の使用料が距離にもよりますが約34$、プロバイダとの契約が56Kで約70$掛かります。64K、128K、1Mなどにしようとするととんでもない金額になります。今は常時接続するにはまだまだ環境を作るのに苦労すると思います。(お金は関係ないという方には、それなりにお勧めの速いプランがあります。私の憧れのプランです。)

私もいろいろ試しました。専用線を引いて、プロバイダと常時接続してみたり(当時は専用線の使用料が安かったのでこれもつかえました。)専用線でADSLにしてみたり(速度を抑えた契約にしてなるべく安くしようとしましたが、やはり高いです。)結局最終的には、ケーブルTV会社へ接続するのが一番安く出来ると思い今に至っています。今は無線でプロバイダまで接続しています。速度は64Kです。これで一ヶ月の使用料が15$です。(電話会社は関係ありませんのでこの使用料のみで常時接続出来ます。)私のいる街で64Kの速度で常時接続した場合で一番安い方法です。
※128Kで1ヶ月15$になりました。(2003年1月)

まだ調べ足りないですが、常時接続をしようとしたときにはその街のケーブルTV会社に一度は聞いてみると選択する幅が広がると思います。インターネットは日々進化していますので新しい情報があれば随時掲載していきたいと思います。


インターネット接続(専用線アナログ常時接続)

前は、電話会社で専用線をひいても1ヶ月9$くらいだったので、専用線をひくのが簡単でした。プロバイダとの契約も1ヶ月無制限で70$で出来ました。(2001年9月)相当接続する方はこの方法がよかったのですが、今は電話会社が専用線使用料を値上げしてしまいました。 1ヶ月約34$になりました。今は、この方法はお勧めしません。
(2002年11月)

インターネット接続(ADSL常時接続)

最近はADSLも普及してきています。上り1M、下り8Mだそうです。今のところ情報が少なくなんともいえません。今後どのように接続するのか調べていきたいと思っています。
ちなみに専用線接続の場合、DSLモデムを設置し、ネットワークの設定でIPアドレス(固定)、ゲートウェイ、DNSサーバーの設定+DSLモデムの中の設定変更(今のところ不明)で接続可能です。DSLモデムとパソコンはLANで接続します。 1ヶ月の使用料は高いです。
(2002年6月)


インターネットの接続(無線式常時接続)

無線式のインターネット接続方法があります。「INTERNET PRIN RADIO」というものです。家にアンテナを立ててそこで送受信する形です。始めの初期費用が結構掛かります。200ドル~450ドルくらい掛かります。アンテナの本体、USBでの接続機器、受信感度の測定、設置工事費など全て込みの値段です。基地局から離れるとアンテナを大きくする必要がありますので高くなります。一ヶ月の使用料は、無制限の使用で15ドルです。通信速度は64Kです。早い速度にしたい場合は、電話すれば直ぐに変更してもらえます。また、初期費用ですがリースで使う事も出来ます。その場合、1ヶ月33ドル(+使用料15ドル)です。
この無線式のインターネットですが、電話会社などに払う費用がなく、このプロバイダに払う使用料のみですので、長期で使用する場合はお得です。私のいるロマンでは、「Conex-sat」と言う会社でしています。
(2002年11月)
※128Kで1ヶ月15$になりました。(2003年1月)

インターネットでメールが送信出来ない場合

日本で使っているメールアドレスをそのまま使いたい場合、日本で設定したままルーマニアに来て、現地プロバイダに接続した場合などはメールの送信が出来なくなります。受信は出来るけど、送信が出来なくなります。これはSMTPサーバーの変更をしていないためです。
これを解決するにはいくつかやり方があります。まずはご自分の使っているプロバイダのホームページを見ると「海外ローミングでメールを送信する場合の注意」などと項目があると思います。ここに「SMTPサーバー名はここに変更してください。」と書いてあると思います。さらに「一度メールの受信をしてからメールの送信をして下さい。」とも書いてあると思います。 [ツール]-[アカウント]-[プロパティ]-[サーバー]でいけば設定変更出来ます。

もう一つ、現地プロバイダに接続した場合、メールアドレスをもらうと思います。又は、サポート用のメールアドレスを教えてくれると思います。このアドレスの@以降をSMTPサーバーに設定すると送れることが多いです。 [office@romannet.ro]などとあった場合はSMTPサーバーを[romannet.ro]にしてみるのです。又は、[smtp.romannet.ro]としてみます。だいたいこれで送れます。(上記のメールアドレスは例です。実際にはありません。)

まだやり方はあるのですが、上記2点で試してみるとだいたい送れると思います。参考にして下さい。

海外でモバイル

海外でモバイル

海外でモバイル関連商品
Click Here!

海外でのインターネット&Eメールを安心して接続・通信するための入門キットです。機器保護対策から通信必需品を1セットにまとめたお勧めキットです。

mixi(ミクシィ)

ミクシィは知っていますか?

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。人と人とが友達を介して交流していく仕組みです。

友達の友達はみんな友達だ!

みたいな世界です。その友達も、そのまた友達も、みんな友達になっていきます。

友達つながりの輪をだんだんと大きくしていきます。

ミクシィの会員になるには、友達の紹介が必要です。

これからも、ミクシィの輪は大きくなっていくと思います。

私もミクシィしています。ミクシィやっている方、マイミク登録していただけませんか?

ルーマニアや国際結婚つながりで希望します。

ミクシィ-[検索]の[キーワード]に[ルーマニア シーネル]と入力して検索すると出てきます。

又は検索キーワードを[東欧ルーマニア]としても出てきます。

マイミク募集中です。

よろしくお願いします。

英語のキーボードでの[半角/全角]切り替え

ルーマニアでパソコンを購入しますと英語版のキーボードがついてきます。WinXPはこれで何の支障もなく日本語入力できます。英語版WinXPでも問題なく日本語入力出来ます。

日本語のひらがな入力するには、通常の切り替えは右下にある言語バーの[_A]をクリックして[ひらがな]を選択すれば切り替え出来ます。

もう一つの方法があります。[Alt]キーを押しながら左上の[~](チルダー)キーを押します。これで[ひらがな]入力になります。右下の言語バーが[あ]に変わります。

再度[Alt]キーを押しながら左上の[~](チルダー)キーを押すと直接入力になります。言語バーが[_A]に変わります。

私は、キーボード操作だけでマウスを持つことも無いので、こちらのやり方のほうが便利で使っています。日本語キーボード[半角/全角]キーの位置に[~]がありますので、[Alt]を押しながらすればぜんぜん違和感無く使えます。


英語のキーボードでの[半角/全角]切り替え
[Alt]キーを押しながら左上の[~](チルダー)キー

クイック起動メニューを表示する

WinXPになってから、Win98やWinMeではあったスタート右のクイック起動メニューがなくなりました。これがないと不便ですよね。わざわざスタートからプログラムを探すか、一旦デスクトップを表示させてからショートカットキーからプログラムを立ち上げます。

WinXPでは初期状態でクイック起動メニューが無くなっただけですので、設定を変更すれば表示できます。


1.[スタート]ボタン上で右クリック

2.[プロパティ]をクリック

3.[タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ]の[タスクバー]を選択

4.[クイック起動を表示する]チェックボックスをOnに

5. 一番下の[OK]ボタンをクリック


これでクイック起動ボタンが表示されます。

無料ウィルス対策ソフト

パソコンにウィルス対策ソフトは入っていますか?

もし入っていないならこちらをインストールしてください。

avast! 4 Home Edition 日本語版

個人利用でかつ非商用利用の場合のみ無料で利用できます。登録後は14ヶ月ごとにユーザー登録更新が必要です。

サイトの中にある

Download avast! 4 Home Editionの

avast! 4 Home - Japanese version (length 11.39 MB)

をダウンロードします。

ダウンロードしたらsetupを起動させ、指示に従いインストールします。


60日以上の利用には無料のユーザー登録が必要です。

avast! 4 Home Edition の登録

大容量のファイルをアップロード、ダウンロードする

動画など容量の大きなファイルのやり取りをしたい場合には、どんな方法を使っていますか?

日本とルーマニアでやりとりする場合でも時間が掛からずに出来る方法を見つけました。

こちら英語のサイトですが、大きな容量のファイルを受け渡しが出来ます。

http://www.mediafire.com/

操作はすごく簡単です。

URLを開くと「参照」のところにアップロードしたいファイルを自分のパソコンから選択して、「Upload File to Mediafire」をクリックすればアップロードできます。

アップロード後に格納されたファイルのURLが出ますので、それをメールで教えてあげれば直ぐに相手のほうでダウンロードできます。

無料、ファイル容量制限なし、いくつでも、サインアップいらない

良いことだらけのサイトです。

これが出来るといくつでもやり取りができます。試しに一つしてみてください。良さがわかると思います。

一応念のために書きますが、ファイルの容量が大きいためブロードバンド環境が双方にないと時間が掛かります。

日本側はほとんど問題ないでしょうが、ルーマニア側はよく確認する必要があります。

2006年10月

次はタブブラウザ

今、このサイトを見ているブラウザは何ですか?

IE6(Microsoft Internet Explorer 6)でしょうか。それとも最新のIE7(Microsoft Internet Explorer 7)でしょうか。

IE7からタブブラウザになったということですが、私はまだ使ったことがありません。IEは動作が遅いので前から使っていません。

私はSleipnirというタブブラウザを使っています。IEでは出来ない機能もついていますので便利です。無料です。

もしはじめてタブブラウザを使うなら、Graniがお勧めです。IEからの切り替えでも違和感なく使えます。インストールも簡単です。もちろん無料です。

これからは、タブブラウザが主流です。

タブブラウザ
ブラウザを1つ立ち上げれば、いくつものサイトを「新しいウインドウで開く」にしてもタブで切り替えが出来る機能です。

2006年10月

------------------------------

タブブラウザ Sleipnir 2.49 正式版リリース
http://www.fenrir.co.jp/sleipnir2/

参考記事

Sleipnir最新版「2.49」がリリース

2006年11月追記

ヴァイラルアーティクル(viralarticle)

この言葉、初めて聞く方多いと思います。

私もどうやって説明すれば良いのか悩みます。

ある作者が1つのことについて記事を書きます。(例:ルーマニアでの国際結婚の仕方)

その記事を、他のサイトでも同じように掲載したい場合、今までは掲載の許可をもらい、OKが出た場合にだけ掲載出来ました。

例えば、この作者が、「ルーマニアでの国際結婚の仕方」を全文そのままの形で掲載するなら、事前の許可は要りません。というように一定の範囲内なら、はじめに許可することを前提に記事を書きます。

それを使いたい人もそのままの形で自分のブログに掲載できます。

こういうシステムを作ったのが、ヴァイラルアーティクル(viralarticle)です。

ここに行くと、好きな記事を選んでそのままの形で自分のブログに掲載することが出来ます。


これが出来ると何がメリットなのか。

作者のメリット
・検索エンジン以外からのアクセスアップ
・口コミでサイトが広まる

掲載する側のメリット
・毎日、記事を考え出さなくてよくなる
・自分の知らない事でも記事に出来る

見る側のメリット
・探している情報がみつかりやすくなる
・より深いところまで探せる


今はまだ理解できないかも知れませんが、徐々に浸透してくると思います。ブログを作成している方は今から勉強しておくことをお勧めします。 

今回は、ちょっと難しいお話でした。

2006年11月

欧州から日本へ一挙1000倍

日本からロシアを経由して欧州までケーブルがつながります。

今まではルーマニアから日本のサーバーにあるサイトを見ようとすると、北米経由で太平洋と大西洋を横断するルートか、インド洋経由のルートしかなかったわけです。

これがデータ送信にタイムラグが生じるなどの支障が出ていました。

今回の新ルートは最短になることから、これが解消される事でしょう。

2007年2月28日

参照
光ケーブルを日露間に新設

百度が日本語検索サービス開始

まだベータ版ですが百度が日本語の検索サービスを開始しました。

使った感想ですが、まずまずですかね。

思ったより検索精度があります。

これから徐々にそのスタイルが出来上がってくることでしょう。


百度が日本語検索サービスを開始--その実力とは?


2007年3月22日

IPアドレスから住所を割り出して地図表示するサービス

IPアドレスを入力すると地図を表示してくれるサービスです。

ここ以外にもいろいろとあります。

My IP Address Lookup and IP Address Locator
http://ip-adress.com/


2007年4月

セカンドライフを歩く

セカンドライフ日本語版が出ました。

セカンドライフって何? という方は検索して調べてみてください。


いよいよ日本でもセカンドライフをする方が増えることでしょう。私も早速登録してやってみました。まだ大きすぎて概要を把握できていないのですが、バーチャルな世界とはいえ、かなり良く出来ています。

面白いです。ゲームとしてならかなりの面白さです。

これをビジネスにしている人がいます。どのようにやるのか、私はまだ良くわかっていません。本などで紹介されてきていますので、もう少しするとわかるようになると思います。


セカンドライフの歩き方 (アスキームック)
三淵 啓自
4756148778


セカンドライフ公式ガイド Second life the official guide
マイケル・リマスゼウスキ ワグナー・ジェイムス・アウ マーク・ウォレス
4844324055


ニートが大金持ちになるビッグチャンス!「SecondLife(セカンドライフ)」日本人ユーザー向け攻略マニュアル(CD納品)SNSの次に大ブレイク必至!?起業家や大企業・マスコミも注目していて話題沸騰中!

アクセスアップリンク集

SEOにかかせない被リンクには、相互リンクも重要です。

相互リンク募集「相互リンクX」


みんなの自動リンク集


seo 対策 相互リンク


無料でSEOならSEO.CUG.NET


ブログ作成している方、参考にしてください。


メールの受信は出来るがメールの送信が出来ない

メールの送信が出来ない方いませんか?

以前は出来ていたのに最近出来なくなった方、以下の2つが考えられます。


1.POP before SMTPを行っていない

プロバイダ側でスパム防止の為 「POP before SMTP」という機能を使用しています。

必ず一度受信(メールチェック)して、数分以内にメールの送信をすると送れます。

※受信を行わずに送信されると、送信時にエラーが表示されます。

送受信ボタンを押さずに、受信を一回してその後に送信をします。


2.加入しているプロバイダー側で「Outbound Port25 Blocking」が実施されている。

かなりのプロバイダでこれになっています。

これはメールの設定でSMTPのポート番号を25から587に変えることで送信出来るようになります。

この2つで大体送れるようになると思います。


最速のタブブラウザGoogle Chromeを使う

どのくらい速いのかを言葉で言うと

パッと出ます。

一瞬です。画像の表示も待ちません。なんでこんなに速いのというくらい速いです。表示も崩れることはありません。

http://www.google.com/chrome

インストールも英語ですが難しくありません。直ぐに使い始めることが出来ます。

IEを使うと立ち上げに時間がかかり、表示に時間が掛かります。

もし、インターネットのサイトを見るだけの使用(普通、これ以外の機能はほとんど必要ないでしょう)ならGoogle Chromeで十分です。

今はベータ版ですので、わかる方だけインストールしてみてください。

Windows VistaとWindows XPの対応です。私はWindows XPで使いましたが速くて快適です。

http://www.google.com/chrome

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000073-bark-musi

LimeWireでファイルをダウンロード

LimeWireというP2Pソフトがあります。

簡単に言うと、自分のパソコンと相手のパソコンのファイルを共有できるソフトです。ファイル共有ソフトというとわかりやすいです。

このLimeWireは使い方を間違えなければすばらしいソフトです。LimeWireを含めP2Pのソフトを正しく使用していれば逮捕されることはありません。何がいけないことかというと、著作権のあるファイルをダウンロードしたり、アップロードすることです。

ここを間違わなければ大丈夫です。

ところでこのLimeWireの日本語化ですが、日本語化パッチが出ているのでしょうか。日本語化して使っている方もいれば、LimeWire日本語化出来ないでネット上をうろうろしている方もいます。

この辺、よく探してみましょう。日本語化しなくてもインストールで日本語を選択すれば出来ます。

こちらの無料版をダウンロードしてインストールすればOKです。

http://www.limewire.com/ja/download

Windows Messenger を削除する

画面右下にいつも×マークのあるWindows Messenger ですが、削除する方法があります。

ウインドウズ メッセンジャーの削除のやり方

「スタート」から「ファィル名を指定して実行」をクリックします。この下の文字をコピペしてOKをクリックするだけです。

再起動して完了です。

--------------------
RunDll32 advpack.dll,LaunchINFSection %windir%\INF\msmsgs.inf,BLC.Remove
--------------------

きれいな動画を再生でき、軽いソフト

Splash PRO EX

HD動画を見るのに無料のソフトで見ることも出来ますが、ワンランク上のきれいさを求めてみませんか。

もちろんサクサク動かなければもっさりした動画鑑賞になってしまいます。超高速、軽量、の「Splash PRO EX」は、ビックリするくらいきれいな動画を見ることが出来ます。

やはりPRO版か最上級のPRO EX版ですと細かい設定が出来るので良いです。ソフト代が掛かりますが、それでもずっと使うことを考えたら安いです。

Splash PRO EX

PRO EX版は、FacebookやYoutube™への投稿も簡単に出来るようになっています。

試用版は全ての機能が使えて30日間は無料です。使ってみて良かったら購入ということで一度使ってみて下さい。



ルーマニアの音 エントリー

  1. きれいな動画を再生でき、軽いソフト
  2. Windows Messenger を削除する
  3. LimeWireでファイルをダウンロード
  4. 最速のタブブラウザGoogle Chromeを使う
  5. メールの受信は出来るがメールの送信が出来ない
  6. アクセスアップリンク集
  7. セカンドライフを歩く
  8. IPアドレスから住所を割り出して地図表示するサービス
  9. 百度が日本語検索サービス開始
  10. 欧州から日本へ一挙1000倍
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日