賄賂のこと

これはいいとか悪いとかでなく、じっくり書かないといけないですね。いい言い方をすればチップともいえます。最近、私は、チップをあげているんだと自分に言い聞かせています。(袖の下と考えるとムッときます。)早く書類が欲しい時や、何か問題があるときは、妻がすかさず別室に連れて行かれ交渉しています。日本人だからとかでは無いみたいで、そういうシステムが出来上がっているみたいです。チップを貰ったら書類を作ろう、みたいな感じです。相手が言ってきた額がたいしたことがなければ、チップを渡すほうが何かとスムーズに事が運びます。妻はルーマニアのシステムは好きじゃないと言っていますが、私は「人間の欲」みたいのがよく分かって面白いと思います。最近は、考え方がこのようになりました。
とはいっても、みんながみんな、そういうわけではなくて一部の人にいるということです。今はだんだん変わってきて、前はチップを欲しそうにしていたのが、今は頑なに拒否する人もいます。上司の目が怖いのでしょうか、チップをちらつかせても受け入れてもらえません。そんなわけで書類の出来るのを待っている時間が長くなりました。
ルーマニアにいる日数が短いときには、有効な手段だったのですが、今はそれも難しくなってきました。私は融通がきいて時と場合によっては使い分けるのが良いと思うのですが・・・。
今のやり方は、そこの役所や会社に勤めている人に一番近い人にチップを渡し(一番影響力のある人)、裏で話を通しておいて、表から何気ないそぶりで行くとすんなりいきます。どこかであったようなシステムですね。いつの時も裏と表があります。参考にしてください。
(2001年)

チップを受け取らない所

それはロムテレコム(電話会社)です。誰も受け取りません。上から下まで本当によく教育されています。チップを渡そうとしますが受け取らないので、こちらが恥ずかしくなってしまいます。これが普通?どうなんでしょうか・・・。
(2001年)

物売りのこと

5月~6月ごろ車を走らせていると道端にちょっとした店が並んでいる。よく見るとそれはワインやさくらんぼなどである。値段を聞くとワイン1リットルが1ドル位、さくらんぼが1kgくらいで0.4ドル。安いと思うが市場に行くとこれの8割くらいで売っている。自家製のワインは飲み比べて一番おいしいのを買うとよい。さくらんぼは、アメリカンチェリーと日本と同じような色のチェリーの2種類がある。お好きなほうをどうぞ。
(2001年)

ジプシーのこと

この話しは避けては通れないが、もう少し後で書こうと思う。

ジプシーのこと(その2)

ロミ(Romi ロマ? ティガン)についていろいろと書きました。いいところ、わるいところ、普段の生活、話した感じ、といろいろ感じたことをそのままに書いたのです。が、やはり最終的にここに掲載するのは止めました。
なぜなら、もっと奥が深いことを知りました。いろいろ知れば知るほど面白いし、興味を引かれることもあります。もう少し後で掲載しようと思います。

相続のこと

そんなに堅苦しい話ではないので楽に見てください。日本では、長男、次男、三男、といた場合、誰が家を継ぐかといえば、もちろん長男が家を継ぎます。基本的に当然のことです。一番年上なのだから、しっかりしているから、などあたりまえのことのように思います。
ところがルーマニアの場合、一番下の三男が、家を継ぐそうです。初めて聞いたとき冗談だと思いました。でも本当のことです。妻は「そんなの常識でしょ」という顔をしていました。
こんな基本的なことそんなに話さないですよね。

くしゃみのこと

くしゃみをしたら”Noroc”といわれたことありますか?
何故かは、分かりませんがみんないいます。又は、”Sanatos”、”Chef”といいます。
タイミングよく言ってみてください。親しくなれます。

基本は「6」

食器類をそろえるときの基本の数は6です。皿、ナイフ、フォーク、スプーン、グラス、コーヒーカップなど全て6つずつ揃えます。

判りにくい数字

数字に特有の書き方があるものがあります。「4」と「7」です。微妙に違うので、これさえ慣れれば電話番号など普通に読めるようになります。

日付の順番

「01.03.02」と書いてあった場合、2002年、3月1日と読みます。最初が日で、月、年と続きます。パスポートは、月のところが「MAR」とかになっていますが、それ以外の、通常日付を使うところは、数字のみで表す方が多いです。

血液型

OⅠ、AⅡ、BⅢ、ABⅣと4種類あります。読み方は、ゼロウノ(0Ⅰ)、アードイ(AⅡ)、ベートレイ(BⅢ)、アベパトル(ABⅣ)です。一見みた感じ日本の血液型と同じ感じです。O型、A型、B型、AB型の順だと思います。確認はしていないですが私は同じだと思っています。

ベンチのこと

家の入り口の所にベンチがあるのを見かけたことはありませんか?
アパートの入り口にあることもあります。通路の両側に2つのベンチが向かい合ってあります。
そこは近所の集会場という感じです。おじいさんやおばあさんが日がな一日を過ごしていたり、夜には恋人同士が愛を語り合っていたりします。若者の出会いの場所みたいな所なのでしょう。私は、なかなか面白い所にベンチを作るなぁ~と感心してしまいました。例えば家の門の内側に作ったら、そこは誰でも座れるベンチでなくなってしまうし、敷地内に人を入れるのはちょっとためらう気持ちもあります。家の外であれば道端に立って話すよりも「ちょっと座ってゆっくり話しませんか。」などと誰かがいいそうです。そしてベンチを作ったらそこに人が集まってきた。なんていうことを想像してみました。
私のいる地方独特のことなのでしょうか。どなたかこんな所にもあったという所を教えてください。
(2001年)

出稼ぎ

こちらでは海外に出稼ぎに行く人は多い。旦那さんがイタリアに行っているとか、イスラエルに行っているとか、よく耳にする。結婚してすぐのカップルも旦那さんが働きに行こうとしている。
私は「夫婦なんだから二人でいっしょにいるのが自然じゃないの?」などと、バカな質問をしてしまった。そんなことは知っている、でもこうしないと暮らしていくのが大変なんだ、とすぐに答えが返ってきた。考えてみれば、誰が好き好んで離れ離れを望むのだろう、まったく質問して恥ずかしくなってしまった。
こうして海外で稼いだお金でアパートを買ったりするのだと言う。
(2001年)

床屋

こちらの床屋は安い。カットのみで1ドルです。洗髪や髭剃りなどは無いが時間にして15分で仕上がってしまう。パーティの前などちょっとしたときにいけるのですごくいい。衛生面はどうかとよくみたら、一応消毒をしているみたいだ。何の液体なのかよく分からないが、していた。
それでも私は、かみそりの使用は絶対だめだとお断りをした。
(2001年)

ルーマニア流の挨拶の仕方

男性には、「ブナズィア(buna ziua)」と言い、お互いの名前を確認した後、抱擁を交わし頬にキスをします。又は握手をします。
女性には「サルムナ(Sarut mina)」と言い、女性の手にキスをします。又は抱擁を交わし頬にキスをします。
これは男性からの、挨拶の仕方です。
普段は、男性には「ブナズィア」と言い、女性には「サルムナ」と言うだけです。
女性から挨拶の仕方は、全て「ブナズィア」と言うだけです。

風邪をひくと

これは全ての家に当てはまる事はぜったいにないと思います。私の家では、ちょっと熱があってのどが痛いなどと話すと、すごく心配してくれます。でも次の言葉を聞くとがっかりします。
「ウォッカ飲んで消毒すれば大丈夫だよ。おなかもすくし、それで食べれば明日は大丈夫だよ」
「・・・・。」
これはぜったいに間違っていると思うのですが、私がちょっと体調の悪いときにウォッカを飲んで食事して一晩眠ったら、次の日には直っていました。ということは、間違っていないということになりますが・・・・。



ルーマニアの音 エントリー

  1. 風邪をひくと
  2. ルーマニア流の挨拶の仕方
  3. 床屋
  4. 出稼ぎ
  5. ベンチのこと
  6. 血液型
  7. 日付の順番
  8. 判りにくい数字
  9. 基本は「6」
  10. くしゃみのこと
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日