2 CURTEA DE ARGES

クンプルングの町を抜け、しばらく行くとクルテアデアルジェスへの分岐点があります。ここからは何もない山道を進みます。本当にこの先に町があるのかという道を行きます。クルテアデアルジェス(CURTEA DE ARGES)の町はそれほど大きくないです。






この町には、マナステレ アルジェシュ(Manastirii Arges)があります。上部の窓がひねって作ってあり、なかなか凝ったつくりになっています。この修道院ですが、建築主任のマノレ(Manole)さんが作りました。何度作っても壊れてしまい、何度も何度もやり直したそうです。ある時、奥さんを埋めて作りなさいという神の御告げがあったそうです。そこでマノレさんは、奥さんのアナ(Ana)さんを壁に埋めたそうです。そういう経緯がある建物だそうです。








何処に埋めたかというと、上の写真の中央部の柱の所だそうです。ちょうど赤いスタンプのあるところです。右上がそのスタンプを拡大した写真です。愛する妻でも埋めてしまうという神の御告げは、私には理解できないです。



中はきれいな装飾が施されています。





建物を完成させた後、マノレさんが下に降りようとしたときに、落ちてしまいそのまま亡くなってしまったそうです。その落ちたところからは、水が湧き出してきて、井戸になったそうです。(この話は、私が聞いたので違っている部分もあるかもしれません。)






宿泊したホテルポサダ(HOTEL POSADA)

最近中を半分改装したみたいで、とてもきれいでした。ドライヤーもあります。旧と改装済みと両方見ましたが、改装した方がだんぜんきれいです。




ルーマニアの音 エントリー

  1. ニャムツ、セク、シハストリア修道院
  2. プレジュメル要塞教会
  3. 修道院めぐり2006年11月
  4. 修道院めぐり2006年10月
  5. 修道院めぐり
  6. コンスタンツァ(Constanta)
  7. ヤシ(Iasi)
  8. 6 Lacul sf.Ana
  9. 5 Sibiu
  10. 4 Funedoara
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日