ホームページをマイナーチェンジ

3月からホームページを少しずつ見直しています。なるべくシンプルにしたいと思っています。
2003年 5月 2日

訂正

前回(4月24日)、ファミリービザの事を書きました。その中に、ビジネスビザのことも少しふれました。そのビジネスビザの件について訂正です。今回からビジネスビザは50,000ドルの資本金と10名のルーマニア従業員が必要という事を書きましたが、間違っていました。通常はこの基準が適用されるのですが、日本人、アメリカ人、その他除外される国籍の人がありました。お詫びして訂正させていただきます。今後は、聞いた話は、確認後掲載したいと思います。一般の基準プラス日本人の場合ときちんと聞きたいと思います。
2003年 5月 4日

日本で結婚した後のルーマニア側の手続き

ホームページを開設していて一番嬉しい瞬間です。「日本で結婚して日本に住む場合」の中のルーマニア側の手続きの詳細が判りました。 結婚されたTom & Katyさん夫婦より詳細なメールを頂きました。やはり実際に体験された方からの解説文は説得力があります。わかりやすい説明をしてもらいましたので、ぜひ

「国際結婚する」
から
「日本で結婚して日本に住む場合」

をご覧になってください。新しいルーマニア側の届出は、日本側の届出の後に掲載してあります。
2003年 5月 6日

ある日の日用品買出し

パンパース(紙おむつ) 74枚入 1200円
ウエットティッシュ子供用 72枚入 300円
シャンプー  400ml 150円
洗濯洗剤 ARIEL 15kg 2000円
せっけん DOVE   60円
せっけん Fa   30円
歯磨き粉   80円
     
合計   3,820円

以前の食料品の場合は安いと思いましたが、日用品の場合は、高いというのが感想です。参考にして下さい。
2003年 5月 8日

長男の人生経験

前に長男に好きな女の子が出来た話をしました。毎日のように一緒に遊んでいました。なかなかしっかりした女の子で長男の面倒を見てくれるので、お菓子などをあげてちょっとの間、みてもらっている事もありました。

ある時、私がなにげなく二人の様子を見てみると、女の子が、もらったお菓子を隠しているのです。2人で食べるようにと渡したのに、長男にはちょっとしかあげずに、ほとんどを隠しています。長男はというと、お菓子が食べたくて半分泣きべそをかいています。ちょっと泣くと、女の子がちょっとお菓子を上げるのです。今まで長男は、自分が一番強いと思ってきたのだと思います。それがほとんど同じくらいの年の女の子と会ってからは、思い通りにいかないこともあると勉強したのだと思います。そんな事があり、女の子への好きな気持ちもさめてしまったみたいです。その女の子と遊ぶ事もなくなってしまいました。

最近、長男がやさしくなった気がします。次男、三男の面倒をみようとします。もちろん何か出来るわけではありませんが、泣いていれば教えてくれますし、何かと次男、三男と一緒にいようとします。また強烈に駄々をこねることもなくなりました。出来ないと言えば判るようになりました。(眠い時を除く。)甘えるしぐさ、楽しい時の行動、何かをしたいときの行動がよくわかります。それも自分の意見を押し通そうとするのではなく、したいと訴えかけるようになってきました。また、楽しい事に関しては、長男の方が、笑いのつぼを知っているようで私たちの方が引き込まれてしまいます。大騒ぎの毎日ですが、家の中の雰囲気が少しずつ変わってきています。もう少しすると次男、三男も判ってきますので、さらに楽しくなる事でしょう。
2003年 5月 9日

一日中外にいます

最近、日が良くなってきたからか、日が長くなってきたからか、一日中外にいます。長男がずっと外に居たがるのでみんな外にいるようになってきました。今は日も長くなってきて朝の9時頃から夜の9時頃までいます。なるべく日陰にいるようにしているのですが、それでもみんな日焼けしています。冬が長いのでその反動で、外に出れるときはずっと外にいたいと思うようになったのかもしれません。気持ちも良いですし、健康的です。今月になってまだ雨が降っていません。しばらくはこういう毎日が続くと思います。
2003年 5月10日

停電の対策

ここのところ停電が無いと思っていたら、先日停電になりました。1時間くらいの短い時間でしたが、2日続けてありました。幸い昼間だったので特に問題も無く復旧しました。

夜に停電した場合に備えて、ろうそくと懐中電灯は用意してあります。十分な数を用意してあります。私が一番困るのはパソコンです。これは、停電でも問題なく出来るようバッテリーその他用意しました。停電してもパソコンは使えますし、インターネットも出来るようになっています。さすがにプリンターなど周辺機器は使えませんが、そこまでする必要もないと思っています。頻繁に停電するおかげで、停電対策をしてしまいました。これも勉強だと思っています。
2003年 5月11日

電気の話 220Vと380Vのなぞ

やっと判りました、220Vと380Vの供給方法が。ルーマニアで使われている電源ですが3相4線式380V/220Vです。一般家庭には220Vで引き込んでいます。対地電圧220Vです。アースは最大抵抗2.5Ω(オーム)までと決まっています。この辺、分からない方は読み飛ばしてください。

という事は、知らないで電源に触った場合、220Vがかかってきます。多分、少し痛いでしょう。危ないです。

やはり220Vだと引き込みの線から屋内配線まで全てケーブルサイズが細いです。やはり電圧が高いだけのメリットがあります。ここルーマニアでは家と家の間が離れているので、トランスからの総延長が長いこともあり220V、380Vにしなければいけない理由が判ります。昔からの家は碍子にヒューズという組み合わせですが、最近はブレーカを設置するところが増えてきています。もちろん私の家もブレーカにして引き込みの線も太くしました。電灯1.5mm、コンセント2.5mm、引込み線10mm、です。ちょっと聞きなれないサイズですが、電材屋でこう書いて売っていましたので、間違いないです。
2003年 5月12日

確認中

日本で結婚して日本に住む場合の日本側の手続き方法について確認中です。前回、ルーマニア本国の役所でしか結婚証明書の発行はしていないと掲載しましたが、在日ルーマニア大使館でもしているという事がわかりました。メールにてご指摘頂き、どうもありがとうございます。只今、詳細を確認中です。判り次第、掲載します。
(※やはりできませんでした。)
2003年 5月13日

夜10時

子供たちが寝て、少しゆっくり出来る時間です。ちょっとさびしい気もします。昼間、大騒ぎをしていたのが、急に3人共寝てしまうと「し~ん」としていて怖いくらいです。また明日も大騒ぎの1日ですので、この時間を大切にしたいと思います。
2003年 5月16日

クロナ(Clona)最終回

今日でacasaで夜10時からやっていた番組「クロナ(Clona)」が終了です。約半年間、毎日放送していました。私は、ずっと面白いとは思えなかったのですが、いかがですか。

明日からは新番組が始まります。
2003年 5月18日

国内旅行

国内旅行を計画しているのですが、5月は無理そうな感じです。やはり子供がいるので関係機関(主に妻のお母さん)への手続きに時間が掛かっています。あっちの事情こっちの事情とありますのでなかなか思うようにいきません。6月には行けたらいいなと思っています。
2003年 5月19日

頂くメール

いろいろな方からいろいろなメールを頂いています。どうもありがとうございます。そんな中、「今度結婚する事になりました。何から手続きすればよいのかわかりません。いろいろ教えてください。」という様なメールを頂きます。私は、思わず微笑んでしまいます。

3年前、私も同じように、どうすれば結婚できるのか判りませんでした。頭がこんがらがってそれだけで大変でした。いろいろ調べても、今一、自分の状況と同じ人がいないので不安の方が大きかったです。多分、メールをくださる方も、同じような境遇なのだろうなと思い、「うんうん今が大変だよな~」と考えています。本当に大変だと思います。そんな事もあり今のホームページが出来上がっていったのですが、やはりこの始めの気持ちは忘れたくないといつも考えています。一番は、頂くメールで思いをストレートにぶつけて下さるので、初心に戻れる事でしょう。気持ちが十分、伝わってきます。私も、あの頃の気持ちに戻りジ~ンとしてしまいます。(表現が難しいです。)

最近、メールの量が増えていまして、処理しきれない状態になっています。基本的に全ての人に返事を書いていたのですが、相当遅れています。結婚に関する事は、一人一人の方の状況に応じて返事をしていたのですが、日々メールがたまっていく状況になっています。以前は掲示板があったので、そこである程度皆さんが判る範囲で書き込んで下さっていたのでまだ大丈夫だったのですが、今は、掲示板を閉鎖してしまったので、何処かに質問しようとすると自然とメールになってしまうのだと思います。

どうしたらいいのでしょうか?

何かいいアイディアがあれば教えてください。結婚された方でその時の様子を教えてくださる方も大歓迎です。ホームページが充実する事により結婚に関する質問メールが減ってくるとも考えています。よろしくお願いします。
2003年 5月20日

在日ルーマニア大使館で婚姻届の手続きが出来るか

いろいろと調べました結果、在日ルーマニア大使館では受け付けていないことがわかりました。いろいろメールでご指摘いただきありがとうございます。ということで、ルーマニア側の手続きは、本国の役所へ婚姻届を提出しなければ、婚姻証明書は発行されません。注意して下さい。
2003年 5月21日

雨が・・・。

今月になって雨が降ったのが今日を含めて2日です。毎日毎日いい天気でした。この雨も日中は晴れていて、夕方に1時間ほどザ~っと降るのみです。しかしその後は急に気温が下がります。少し肌寒いくらいです。また明日からいい天気になる予報です。
2003年 5月24日

スポーツの先生

JICAよりスポーツの先生がここロマンに派遣されてきました。早速、今日お会いしてきました。スポーツの先生だけあって、さわやかな好青年です。ここで野球の指導をするそうです。なんでも、野球のチームはここロマンが国内で一番と言うことです。初めて聞きました。これからは試合があるときは応援に行きたいと思います。
2003年 5月25日

子供とお金

長男がお金に興味を示しています。「バニー、アイ(お金ある?)」と聞いてきます。いつもあげるきれいにしたお金があります。最近、あることに気づきました。それは、お札は欲しくなく、コインが欲しいということです。 50,000leiや10,000leiは欲しくなく、500leiや1000lei、5000leコインが欲しいということです。コインの方が長男にとっては価値のあるものなのでしょう。お札は頂戴と言うと素直にくれますが、コインは絶対に渡そうとしません。(長男にとって)秘密の場所にいつも隠しています。かわいい長男です。
2003年 5月26日

結婚3年

早いもので結婚して3年が経ちました。その間に、いろいろな事があったな~と思います。時にはけんかもしましたし、楽しい事、大変な事、全て2人で乗り越えてきました。周りの方にもいろいろと助けてもらいました。これからもこうして仲良くやっていこうと思います。
2003年 5月28日

絨毯のクリーニング

川へ絨毯の洗濯に行きました。モルドバ川です。浅いところを見つけて車で乗り付けます。絨毯を川に流して、川辺で洗剤を使ってよく汚れを落とします。全部の絨毯をきれいにした頃には、足腰がふらついていました。結構重労働です。川辺である程度干して、家に持って帰って再度完全に乾くまで干します。これが結構きれいになるのです。川沿いでは、同じく絨毯を洗っている家族が結構いました。天気がいいので日光浴も兼ねているのでしょう。
2003年 5月31日

子供3人のリズム

やっと落ち着いてきました。ほぼ、同じになってきました。朝起きる時間、昼寝する時間、夜寝る時間、などです。寝ていてくれる時間が同じと言うのは、本当に助かります。経験している方は、ご存知と思いますが、この寝ている時間にある程度の仕事を片付けてしまわないと、いつまでたっても子供の世話に追われてしまいます。子供が寝るとすごく静かです。寝顔は本当にかわいいです。
~っと、今は寝顔より仕事、仕事です。この時間を逃すと夜中にずっと起きていなければならなくなります。
2003年 6月 4日

「いたい」

長男は、大分、自分の気持ちを言葉で言えるようになってきました。一日一緒にいれば、片言の言葉が何を意味して言っているのか誰にでも分かるくらいです。これは嬉しい事ですが、「いたい」という言葉だけは、聞くとこちらが心配になってきます。転んだ時、何か手に触って傷つけた時、など初め大泣きしてその後、「いたい、いたい」と言いながら半べそをかいているのです。痛いのも判るし、泣きたいのも判るし、でもどうしてあげることも出来ません。

ある時、転んで大泣きしてしまいました。よく見ると、顔を打ったみたいで唇から血が出ています。痛さを我慢しているのでしょう。「いたい、いたい、」と言いながら私の胸に顔をうずめています。私は、そっと抱いているしか出来ませんでした。少し楽になると、今度は妻に抱っこしてくれとせがみます。しばらく交互に抱いていると、落ち着いてきました。
「痛い?」と聞くと「いたい」と小さな声で言います。唇を見ると少し腫れています。かわいそうですが、これも勉強です。代わってあげたいですが、こればかりはどうする事も出来ません。泣いているよりも、「いたい」と言われる方が、心にグサリときます。触るな、転ぶな、と言ってもどうしようもない事です。心配ですが今後もこの「いたい」という言葉を聞く事になるのでしょう。
2003年 6月 9日

今日は「日本食の日」

朝から妻と食材を準備しました。ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、きゅうり、豚肉、わかめ、ひじき、・・・そう「わかめとひじき」です。(以前日本から送ってもらっていました。)これで何を作るかというと、肉じゃがとひじきの煮物とワカメスープときゅうりのキムチです。結構、作れるものです。ワカメとひじきとキムチの元はあります。これにワカメスープのだしとして、ハマグリのだしを以前日本で購入していました。せっかくの日本食ですから、ある程度の量を作ろうという事にしました。ひじきを水で戻して、野菜を切って、と準備しそれぞれのなべで炒めて水を入れます。最後の味付けですが、砂糖、塩はあります。肝心の「しょうゆ」ですが、これは今はブカレストで入手できます。 キッコーマンのしょうゆがあります。ブカレストに行った方から頂いたものがあります。これにご飯を炊飯器で炊きます。

早速、頂きました。もう言うまでもありませんが、「お~いし~ぃ」です。特にひじきの煮物はおいしいです。しょうゆが少なかったので薄味になったと思ったのですが、そんな事もなく、いい味に仕上がっていました。ご飯もおかわりし、お腹いっぱいに頂きました。妻も子供も久々の日本の味に満足していました。(?、私が一番喜んでいたのは言うまでもありません。)
2003年 6月12日

ルーマニアに住む

「ルーマニアに住みたい」というメールを頂く事が増えてきました。奥さんがルーマニア人で旦那さんから私に「物価やアパートの値段、仕事、状況等など、を教えてください」という内容のものです。全ての方に返信できませんので、ここに私の考え方を掲載したいと思います。

基本的に私はルーマニアに住むのは賛成です。それぞれの方がそれぞれの思いがあり、それぞれ気に入った場所があることでしょう。理由はなんであれ、奥様、旦那さん、お子さんがルーマニアに住みたいと言うのであれば、これは住んだ方がいいと思います。日本でもんもんとした日々を過ごしているのなら、こちらに来た方がいいと思います。

但し、私がこちらに来る時に考えた事ですが、家族みんなで来るのですから、生活に困らせない事(収入)と、住むところ(住居)は最低限考える必要があります。ルーマニアに来れば何とかなると言うのは、後々大変だと思います。これが出来るなら、ルーマニアに住みたいという願いはかなうはずです。また、ずっと住むという考えをやめて、1年だけ滞在してみよう、2年だけ、という期間を決めて住むのも良いかと思います。幸い、家族滞在ビザは基準が厳しくありませんので、結婚している方にはビザの問題はそう悩む事もありません。お子さんがいても、今は2重国籍(両国に出生届を提出済み)でしょうから、ビザは要りません。つまり、日本とルーマニアのどちらにも住む権利があるという事です。権利というよりもどちらに住んでも問題ないですよ。と言う感じです。せっかくの人生ですから、これをチャンスと思ってみるのも良いかと思います。

これは住んだ後の事ですが、いろいろと問題が出てきます。大きいこと、小さいこと、多かれ少なかれあります。その1つに、子供の教育をどうするかという問題があります。私たち自身は、どちらの国に住んでも問題ないのですが、この子供の教育問題は、子供の将来を決める分岐点だと思います。私たちは、この件での悩みがあります。ルーマニアの学校に行かせるか、日本の学校に行かせるか、日本人学校か、又は別の国の学校か、などなど選択肢はいろいろとあります。もう少し子供が大きくなって、自分の気持ちを話せるようになったら結論は出ると思いますが、今のところ、私と妻の考えは、日本の小学校に入学させようと考えています。つまり長男が6歳になるころには、日本にずっと住もうという考えです。今は、ルーマニアでのびのびと暮らすのが一番良いと思っています。

ルーマニアに来ると、日本では考えないような事が悩み事になったりします。逆に余計な事を考えなくていいので、いいアイデアが思いつく事もあります。一言でいうならば「住んでみなければ判らないよ、何もかも」ということです。これが正しいという道はありませんので、自分で切り開いていくしかないと思います。いろいろな事を書きましたが、これを頂いたメールの返事としたいと思います。どうもありがとうございました。
2003年 6月14日

今年は水不足

先月から今月にかけて、雨がほとんど降っていません。昨日、今日と久しぶりにまとまった雨が降りました。ようやく土が湿った感じです。
郊外を車で走って景色を見ますと、なんとなく緑が少ない感じです。土が見えている状態です。農作物と牧草に影響が出ていると思います。去年と比べても(デジタルカメラの写真)やはり緑が少ないです。今後の市場での物の値段が心配です。
2003年 6月15日

さくらんぼの季節

この時期、私は心がうきうきします。毎日、さくらんぼが食べられるからです。市場で1Kg50円くらいです。お酒のつまみに、食後のデザートに、この時期はフルーツと言えばさくらんぼです。約1ヶ月は、幸せな季節が続きます。
2003年 6月16日

プロポリス

ここ最近、プロポリスを飲んでいます。なんでも体の内側から丈夫にしてくれるという事です。パリンカにスプーン一杯のプロポリスを混ぜて頂きます。味は独特ですが、そんなに癖もなくアルコールに溶けて飲みやすいです。(水には溶けないので、アルコール類が相性がいいです。)これが本当に効いているみたいです。

先週から長男が風邪をひいてしまい鼻水が出ていました。その後、次男、三男、妻と順番に風邪になり、次は私の番だと思っていたのですが、今のところなんともありません。いたって健康です。今までですと、同じ部屋に寝ているので、重症、軽症はあるにしても、必ず家族全員が風邪になっていました。今回は、私はなんともなさそうです。私は、日々のプロポリスのおかげだと思っています。不思議な気持ちですが、とても嬉しいです。しばらくは飲んでみようと思っています。 ※今のところ、家族のなかで私が実験台になっています。
2003年 6月17日

私は中国人(?)

ヤッ、ヤッ、ウイテ キネズ(ねー、ねー、見て 中国人!)
この言葉を何度聞いたことだろう。
町を歩いていて、車を運転していて、店で品物を見ていて、・・・。
毎日のように聞いています。聞くと「あ~またか」という気持ちです。そんなに珍しいのでしょうか。又は中国人が嫌いなのでしょうか。ルーマニアに来てしばらく住んで、これが苦痛の時がありました。「オレは日本人なのに、なんか喧嘩でも売っているのか。」と思ってしまいます。10代の男の子、おじさん、おばさん、小さな子供から大人まで全ての人が言います。かわいい女の子に言われた日には、それだけで一日気分が滅入ってきます。なんとかしてくれと思ってしまいます。

妻と店に買い物に行った時や、レストランで食事をしたときには、私にではなく妻が聞かれます。必ず聞かれます。妻が日本人だという事を話すと、ごめんなさいという言葉から手のひらを返したように態度が変わります。今までの状況からすると、決して悪意を前面に出して言っているわけではないようです。アジア人が珍しいというのが一番の理由みたいです。アジア人というとイコール中国人と言う事になり、冒頭の言葉が出てしまうみたいです。(それを分かっても、あんな言い方は失礼だとは思っていますが・・。)

最近は、言われてもなんとも思わなくなってきました。私は言われるのは分かるのですが、子供が言われるのはなんともいえない気持ちです。子供はルーマニア人だと言っても分かったような分からないような顔をされてしまいます。今は、ここロマンにも日本人が数人住んでいることもあり、町の中に知り合いが多くなったので、やっと日本人という事を理解する人が増えてきました。今後は、町を歩いていると
「ヤッ、ヤッ、ウイテ ジャポネズ(ねー、ねー、見て 日本人!)」
と言われることでしょう。
2003年 6月18日

インターネットの接続が出来ない(ftp)

ホームページをアップロードするのに使っているftpファイル転送が出来なくなってしまいました。もう4日も待っています。ウェブやメールは問題なく使えるのですが、ftpだけ転送できなくなっています。電話して聞いてみると、プロバイダ側で何か問題があるようです。やっと今日直りそうな事を言っていました。やっとホームページがアップ出来そうです。
2003年 6月19日

コンサート

旅行中シビウに寄ったのですが、偶然、この日はコンサートが開催される日でした。また、たまたま宿泊したホテルの部屋のバルコニーからそのステージを見ることが出来ました。さらにそのコンサートが、ポップス(Pops)とアマデウス(Amadeus)とアシア(A.S.I.A.)が出演でした。

私は大喜びです。私はアシアのファンです。まるで夢を見ているようでした。偶然が重なり、生の歌声を聞くことができました。何回かここにも書いていますが、私たちが結婚した時の、思い出の曲がアシアの「Inima mea」です。去年はメンバーが1人抜けたため、アシアのメンバー追加オーディションをテレビで放送したりしていました。今年は、アメリカに行きコンサートをしています。いつかはコンサートに行きたいと思っていましたが、こんな形で会うことが出来ました。今でも興奮しています。

夕方6時ころからコンサートが始まります。まず、ポップス(Pops)です。やはり初々しいです。ヒット曲「Bum、Bum」も歌いました。次にアマデウスです。彼女たちは歌わないので、私はあまり好きではありません。適当に見ていました。

やはりメインはアシアです。お客さんもだんだん興奮してきているのがわかります。アシアがステージに上がるとものすごい歓声です。会場に入れない人も外で「アシアー」と叫んでいます。曲が始まると踊りだしています。連続で何曲も歌っていきます。なるべくトークしないで曲を披露します。この辺はさすがです。お客さんの気持ちをわかっています。みんな知っている曲ばかりなので、すごく盛り上がります。妻と一緒にすごく充実した時間を過ごしました。なによりソファーに座りながらコンサートを見た、それもアシアのコンサートという最高の時間でした。やはり最後の曲は「Inima mea」です。体がしびれるような、ジ~ンとした感じです。アンコール曲も「Inima mea」です。シビウに来て良かったと思いました。一生心に残る出来事でした。

夜11時ごろに終了し、バルコニーでしばらく余韻に浸っていると、下の道路が騒がしくなりました。何事かと思い見てみると、一台のピンクのマイクロバスが止まりました。降りてきたのは、ポップスのメンバーとアシアのメンバーです。再、再、再度びっくりです。私たちが泊まっているホテルに入ってきます。思わず拍手で迎えてしまいました。もう言う言葉がありません。嬉しくて、嬉しくて、本当に良かったと思いました。
2003年 6月23日

ここはルーマニア(?)

旅行中にハルギタ県(Harghita)とコバスナ県(Covasna)に寄ったのですが、このハルギタとコバスナですが、ルーマニアであってルーマニア語が通じない不思議な地域です。地名も読めないものが多いですし、看板も違う文字が書かれています。独特の雰囲気があります。

道に車を止めていると、何処からか物乞いが来ました。
「ダーシミー オミエデ レイ(1,000レイちょうだい)」と言います。
「ルーマニア語話せるの?」と聞くと
「○×▲※ー□」と言います。
ぜんぜん判らない言葉です。執拗にお金の要求をルーマニア語でしてくるので、ルーマニア語で話したら考えるよと言うと、そのままどこかへ行ってしまいました。町の何処へ行っても判らない言葉を話しています。街中の人は、多分、ルーマニア語を判っていると思うのですが妻の顔を見ると違う言葉を話します。私たちは、ルーマニアに居ながらに外国旅行をしている気分になりました。面白い経験が出来ました。
ここの県は、あまりお勧めしません。暗い感じがするところでした。
2003年 6月25日

今週末は、どうも各地で異常気象みたいです。ここロマンでも朝は晴れていましたが、昼頃にいきなりの嵐になりました。雷は鳴っている。土砂降りの大雨。20分くらいで止んだと思ったら、いきなり日が照ってきました。

晴れのち雨、時々曇りという天気です。1日で全ての天気になりました。久しぶりの停電になりました。先ほど復旧しました。
2003年 6月29日

今年も半分

早いもので今年も半分になりました。毎日、ばたばたしているせいか、とても時間の経つのが早く感じられます。そろそろ下の双子が、立って歩けるようになりそうです。ハイハイからつかまり立ちまで、きていますので、あと1~2ヶ月ではないかと思っています。子供3人が庭の芝生の上を歩くのも、もう直ぐです。(今年の庭は、私の希望通り半分は芝生にしてあります。)
2003年 7月 1日

芝の話が出たところで、今日妻と話した結果。来年は、芝生の面積を少し増やそうという事に決めました。妻が、今年の芝を見て、すごくいい感じになっていると話しました。きれいだし、歩いていても芝がクッションの役割をし、疲れないというものです。長男の足にも良さそうという事です。今年は、庭の2分の1が芝でしたが、来年は3分の2を芝にする事になりました。
2003年 7月 2日

夕立

遠くの方から雷の音が聞こえてきます。
空が曇り空に変わってきます。
今まで青空でくっきりとした風景だったものが、色がモノトーンに変わります。
風がいきなり強くなります。そうかと思うと無風状態が続いたりします。
いよいよ来るなというときには、雷の轟きが地面からに変わります。
ポツ、ポツ、と少し大きめの雨が降ってきます。
時々、ピカッと光ります。
空気が湿気を含んできますので、息苦しくなります。
もう来るだろう。今か、今か、とこちらが待ってしまいます。

来る時は一瞬です。大粒の雨が降ってきたかと思うと、いきなり雹(ヒョウ)に変わります。屋根や車をへこませてしまうのではないかと思えるようなものが降ってきます。地面に氷の塊がきれいに並んでいきます。「ザーーーッ」と降るのが数分続きます。人によっては「ドォーーー」や「ゴォーーー」と聞こえるかもしれません。私には、恐怖の音に聞こえます。(子供たちや妻には、なんとも思わない音みたいです。)雷の音と雨や雹の音しか聞こえなくなります。私は、思わず外の軒下に出て雨の様子を見てしまいます。

そんな夕立も数分の出来事です。雨が上がった後には、きれいな晴れ間が広がります。多少、気温が下がり過ごしやすくなります。明日の朝は、冷え込む事でしょう。気温が相当上がると、夕立がおきて気温を下げるという事が、5日周期ぐらいで繰り返されます。明日、あさっては過ごしやすい日になることでしょう。

妻と子供は、外の様子に関係なく、家の中で大騒ぎしています。なんだか私だけが外の様子を気にして小心者みたいです。子供たちは怖くないのでしょうか。これが不思議で仕方がありません。
2003年 7月 3日

長男の友達

いよいよ近所の子供たちと遊ぶ事が多くなってきました。私の家の周りには、子供たちが大勢います。上は18歳から下は2歳(長男)まで、あわせて20人くらいです。まだ生まれて間もない子供も時期予備軍としています。うちの、次男三男もここに入ります。丁度私の家の前が角地になっていて、車もめったに通りませんのでここにみんなが集まってきます。ボール遊びをしたりおしゃべりしたりしています。ここ数日、長男はひとりで家の外に出るようになりました。みんながボールで遊んでいるのを見ています。まだボール遊びの仲間には小さいのでなれませんが、見ているだけでも楽しいみたいです。また、この子供たちの中に、前に話した気になる女の子がいるのです。何かと長男の面倒をみようとします。いつも一緒にいて何かを話しています。そんなわけでいよいよ外の世界に一歩踏み出しました。毎日、外に行きたいと駄々をこねるので私たちは大変ですが・・・。
2003年 7月 6日

市場での買い物の仕方

市場に買い物に行った時、何を基準に買いますか?
例えば、ジャガイモを買いたいときです。やはり値段の安いものを探していきますよね。 5,000lei、8,000lei、10,000lei、15,000leiなどとそれぞれの値段がついています。(全て1kgの値段)安いのと高いのでは3倍くらいのひらきがあるのは普通です。では5,000leiのジャガイモを買おうと決めます。
という事はありません。やはり安物らしく、いたるところにキズがあり、おいしくなさそうです。では15,000leiのジャガイモはというと、やはりきれいでおいしそうです。ではこのジャガイモを買おうと決めます。
という事もありません。やはり他から比べると高いです。
ではどのように買うのかと言いますと、値段のある程度のところ(8,000leiか10,000lei)で、見た目がきれいなジャガイモを選びます。また触ってみます。そこで通常は5kgとか10kgとか言って、秤にかけるのですが、普通はそこの店の人がガサっとジャガイモの山から大雑把にバケツに入れます。しかしそれを制止して、自分で選んで入れるのです。1つ1つ形の良いものを選んでいきます。あまりにも小さなものと、大きすぎるもの、色のおかしいものはよけていきます。結局これが一番おいしいもの(と思ったもの)を安く選ぶ方法だと思います。家に帰り、味見をしてみておいしければ自分の目が正しかったと再確認できます。もしおいしくなかった場合は、次回のために勉強としてじっくりそのジャガイモを観察してみましょう。何かが見付かると思います。私は、この勉強のおかげで今はある程度は、おいしいジャガイモを見分けられるようになりました。おいしいジャガイモは、甘くて本当においしいです。

市場では基本的に、見て触って店の人の様子を見て決めるといいと思います。品質が一定ではありませんので、自分の選択が重要になってきます。日本のように安くてもそれなりの一定以上の品質ということはありません。安いのはそれなりの理由で安いのです。この辺、私は何度か勉強させてもらいました。まあいくらでもないのですが、気持ち的には結構ムッとくる事もありました。が、結局自分で欲しいと思って買ったのですから仕方がないです。売り手の騙しのテクニック(※)もだいたい判るようになってきました。秤に細工をするのが前の主流でしたが、今はそれも取締りで厳しくなってきました。今は、・・・・。追々紹介していきます。
(※)市場の全ての人が騙そうとしているのではありません。ごくごく一部でそういう事をしているという事です。普通はみんな気さくないい人ばかりです。
2003年 7月 7日

毎日暑い

毎日暑いので、ちょっと海に泳ぎに行こうということで、今日はその準備をしています。久しぶりの海に何だかわくわくしています。
2003年 7月 8日

毎日暑い、と思ったら・・・

今日は、寒い日になってしまいました。タンスの奥からセーターを出しました。こう寒暖の差が激しいと、まいってしまいます。というわけで、海水浴は少し延期です。暖かく(暑く)なったら行こうと思います。
2003年 7月 9日

安い航空券

最近頂くメールで
「安い航空券はどこですか?」
「日本の航空券をルーマニアに送る方法はありますか?」
などがあります。この辺の状況を私なりに調べてみました。以前から、ルーマニアに乗り入れている航空会社の日本までのチケットの値段を調べるという話はしていましたが、なかなか時間がとれずにそのままになっていました。今回も調べられるところまではきていませんが、基本的なことをまとめてみました。

まず、日本からルーマニアに行き、日本に帰る場合ですが、これは日本でチケットを購入します。チケットが「日本-経由地-ルーマニア、ルーマニア-経由地-日本」という日本の空港が最初のチケットになります。
これに対して、ルーマニアから日本に行き、ルーマニアに帰る場合ですが、これはルーマニアでチケットを購入します。チケットが「ルーマニア-経由地-日本、日本-経由地-ルーマニア」というルーマニアの空港が最初のチケットになります。

ここまで読まれた方で、日本でルーマニア発のチケットの購入は出来ないの?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。上記の頂いたメールの日本の航空券をルーマニアに送ろうとしている方も、日本でルーマニア発のチケットを購入しようと考えているのだと思います。これは基本的に出来ません。チケットを購入した地が最初に出発する空港になります。日本で購入した場合、日本の空港が始めの出発地になります。これが結構重要です。

但し、例外がありまして「呼び寄せ便」というチケットがあります。これは、「海外発--日本、日本--海外」という、海外が始めの出発地になっているチケットです。日本で購入することが出来ます。私はこの辺詳しくは判らないのですが、今までこれをルーマニアからの呼び寄せ便としてチケットを購入した方を聞いたことがありません。多分、ルーマニアの呼び寄せ便は、無いと思います。それか高いので需要がないという事だと思います。

以上のことをふまえて、では安いチケットはどこで購入するのがいいのかというと、
日本発を購入する場合は、格安チケットを扱っている業者、ルーマニア発を購入する場合は、直接航空会社、又は旅行会社で購入するのが良いと思います。

日本発のチケットを購入する場合は、今は相当な数の会社がありますので、インターネットなどでよく調べて何社か比べてみて決めると良いと思います。基本的に、出発日、帰国日、をある程度の範囲で指定し、航空会社を指定しないと、安いチケットを探せる場合が多いです。オンシーズン、オフシーズン、お盆、正月、ゴールデンウィーク、なども考慮する必要があります。出発日が1日違うだけで数万円安いときもあります。ルーマニアまでは、必ず経由地で一度飛行機を降ります。(これをトランジットと言います。)この時に、次に乗る便までの待ち時間も検討する必要があります。3~5時間くらいであれば、そのまま空港内で待ってルーマニア行きの便に乗ることが出来ます。(同日乗り換え)もし次の日に、ルーマニア行きの便が出る場合は、トランジットホテルなどに宿泊する事になります。この場合、気をつけなくてはいけないのは、このトランジットホテル代は航空券に含まれているのかいないのか確認する必要があります。含まれていない場合、一番安いと思ったチケットが実はそうでも無かったという事にもなりかねません。日本でトランジットホテルを予約していくと、1万円前後掛かります。これをチケット代にプラスして考えます。
以下は、日本の格安航空券の代表的な会社です。ここ以外にもいっぱいありますので、インターネット等で探してみてください。

やはり格安航空券といえば H.I.S. ですね。その季節のだいたいの料金が分かります。
その次あたりにくるのが e tour(イーツアー) かな。ここは、格安航空券の24時間予約が出来ます。また会員登録も無料です。
あとは、 格安航空券ワールドエアシステム 、 TRAVELNET(トラベルネット) 、 地球の歩き方 、 トラベルコちゃん 、 AtoZ格安航空券ナビ 、 ジェットセット 、 CAS Tour 、 秋葉原格安航空券 などなど、いろいろあるので比較検討して下さい。時期により安い会社が異なるので、全てをチェックするといいと思います。

ではルーマニアでチケットを購入する場合ですが、まずは直接航空会社に電話して日程、値段等確認する事をお勧めします。よっぽどのシーズンでない限り、だいたい同じ値段になっています。次に、近くの旅行会社に行き、再度日程、値段等で確認してみてください。若干、旅行会社の方が安いと思います。ブカレストや大きな都市以外に住んでいる場合は、近くの旅行会社で購入するほうが、チケットを取りに行く手間を考えるとさらに安くなります。ルーマニアから日本への往復の航空運賃で、800~900ドル前後だと思います。ほぼ一年同じ値段です。

以上、まとめてみました。参考にしてください。
2003年 7月 9日

ミックスという考え方

最近あるご夫婦にお会いしました。私の家の近くに住む、50代の夫婦です。このご夫婦、宗教が違います。奥さんがオルトドックスで旦那さんがカトリックです。ここで私はある疑問が浮かびました。「結婚するとどちらかの宗教にならなければいけないのでは?」というものです。このご夫婦の話によれば、そんな風な考え方はないという事でした。ずっと持ち続けてきた宗教のままでいいそうです。したがって、宗教上の暦が二つ存在する事になります。イースターも2回するそうです。誕生日もそれぞれの日があるそうです。(宗教上の誕生日)十字のきりかたも違い、その手の形も違うそうです。それぞれの教会に夫婦で出かけていくそうです。これを「ミックス」と言うそうです。

私は、はじめて聞きました。こういうのもありなのかなという気持ちです。ここで私たちのオルトドックスと異教徒の問題を考えてしまいました。少し解決の糸口が見えてきたような気がします。
(※)上記の宗教という表現ですが、宗派というのが正しいのかもしれませんが、あえて宗教と書いてみました。
2003年 7月10日

ヤシに行ってきました

なかなか良い町ですね。すごく気に入ってしまいました。ロマンからヤシまでは車で80Km、約1時間30分です。今まで行かなかったのが不思議なくらい近い町です。途中一面のひまわり畑がありすごくきれいでした。
帰りにヤシのメトロ(METRO)で買い物をしてきました。いつも行くバカウ(Bacau)のメトロより一回り小さい建物でかわいい感じです。
2003年 7月16日

いよいよ海へ行きます

ここのところずっと雨が降ったり曇ったりではっきりしない天気が続いていました。やっと昨日から晴れ間が見えてきました。このまま晴天が続けば来週あたりには海に行こうと思います。
2003年 7月19日

長いトンネルの向こう

最近、いろいろな所へ旅行に行っています。数日だったり、日帰りだったりしますが、時間を作っては行っています。来週は、海水浴に行く予定です。今までは、育児に私と妻で追われていてどこかへ行こうと考える余裕もありませんでした。毎日、朝昼夜なく泣いて、お腹が空いて、おしっこうんこをして、・・・。それが最近は子供たちにリズムが出来てきて、ある程度時間が決まってきました。また、1人で遊ぶ時間も出来てきました。よく遊ぶので夜は良く眠り、私も妻も睡眠不足にならなくなりました。育児を経験している先輩の皆さんには笑われてしまいそうですが、やっと長いトンネルから抜け出れそうです。(この感じは判ってもらえると思います。)そんな多少の余裕が出来てくると、やはりいろいろな所に行ってみたいと思うようになりました。そんなわけで、今後も少しずつルーマニア国内を旅行しようと考えています。
2003年 7月20日

列車スリ置き引き

先週のニュースでやっていましたが、ブカレスト発ヤシ行きの列車内で睡眠薬強盗があったそうです。薬を飲まされて、眠らされている間に身の回りのものを持ち去ってしまうという、誰もが知っている手口のやつです。ニュースで放送するくらいですから、まだまだ被害が多いのだと思います。列車の旅を考えている方は、再度熟考してください。インターシティなどにして各駅停車など誰でも乗ることが出来る列車は敬遠するのも1つの手段です。一回の、それも一瞬の気の緩みで全てを失いますので、用心に用心してください。安心はお金で買えますので、安いだけが良いと言うことはありません。ルーマニア人が危なくて敬遠する乗り物に、わざわざ乗る必要はありません。本当に気をつけて下さい。

ちなみにこの被害に遭われた方ですが、日本人の方です。
2003年 7月21日

コンスタンツァへ行きました

実は3年前にも私たちはコンスタンツァへ行った事があります。当時、結婚の手続きを終えてブカレストへ妻のビザの申請に行きました。無事ビザが発給されたところで、それまで結婚や各種手続きで忙しかったので、少しゆっくりしようという事でコンスタンツァに行きました。その時は、わずか3日間の滞在でしたが私たちにとっては思い出の場所となりました。

今回行ってその変わりようにびっくりしてしまいました。道路は整備されていて新しいホテルは相当な数が建っていました。今回も前回と同じホテルに滞在しました。前回滞在してとても良かったので行く前からここに決めていました。青い海と空と、妻と子供と、久しぶりに何も考えることなく1週間を過ごしました。

夜、みんなで海岸に涼みに行きました。遠くにコンスタンツァの町の明かりが見えます。私は、一瞬ここがどこだかわからなくなってしまいました。私は、千葉出身で海には毎週のように行っていました。潮の香りと波の音と夜の景色が、千葉の海と似ている事もあり頭の中が混乱してしまったのだと思います。そんな不思議な感覚の中を散歩しました。(これは1週間ずっと同じ感覚でした。)

もう少し長く居ても良かったのですが(長く居たかったのですが)、またいつでも来る事が出来るので今回は帰ってきました。天気予報でも私たちがいる間だけ晴れでこれから雨が続くと言っていたので丁度良かったと思っています。「旅行する」へ写真を少し掲載してあります。よろしかったらご覧になってください。
2003年 7月31日

遊園地

毎年恒例のロマンの仮設の遊園地に行ってきました。今回は、長男を連れて日が沈んだ夜9時に行きました。ロマン中の人がここに来ているという位の人の多さです。やはり夜はきれいですね。電飾と音楽で気分は盛り上がっていきます。去年、長男は泣いてしまったのですが、今年はというと手を振って喜んでいます。 やはり成長するのですね。メリーゴーランドは1人で乗っていました。

私もブランコみたいのが回って上に下にいくやつに乗ってみました。・・・乗ってから思いました。・・・去年もこれで気持ち悪くなったっけ・・・。動き出すとはじめはスーっとして気持ちがいいのですが、しばらくするといいかげん止めて欲しくなってきます。乗ってから後悔してしまいました。案の定、降りると気持ち悪いです。ここの遊園地は1つ乗ると十分です。

夜はやはり若者が多くなってきます。朝の3時頃まで営業しているそうです。私たちは11時頃長男のぐずり(眠い)とともに家に帰ってきました。そのままベットに行くとすぐに寝てしまいました。いい夢でもみているのでしょう。時々大声で叫んでいます。顔をみるといくらか笑顔にも見えます。来年は次男三男も楽しむ事が出来るでしょう。
2003年 8月 1日

遊園地にはまった長男

あれからというもの、毎日のように長男は身振り手振りで遊園地の事を話しています。朝から夜まで気がつくと話しています。今日は、我慢の限界みたいなので連れて行ってやることにしました。妻と長男で歩きで出かけていきました。私はというと、家で次男三男と留守番です。夕方出かけていき、夜の10時頃に帰ってきました。

帰ってくると長男は、ご機嫌です。車の何かに乗ったみたいで、しきりにハンドルを持つしぐさをしています。妻に聞いたら一人で車のメリーゴーランドに何回も乗っていたそうです。露店で携帯電話のおもちゃを買ってもらったみたいで、1人で電話して遊んでいます。本当にかわいいもんです。来年になれば乗れる乗り物も多くなりますので、さらに楽しくなる事でしょう。
2003年 8月 5日

変わった使い方

今まで見た中で、ちょっと変わった使い方をしているもの(事)を1つ。
それは車のエンジンオイルです。

何に使うのかというと、家の塀の木の部分に塗りこむのです。腐らないようにハケで塗っていきます。要はニスの代わりに使っています。ペンキを塗るよりも木の木目(もくめ)が出てきれいな仕上がりになります。安いオイルを10kg単位で買ってきて使います。

また別の使い方もあります。オイル交換したあとの汚れたオイルを、豚に塗りつけて、皮膚をきれいにします。いろいろな虫などがついている豚の体中にオイルを塗る事によって、除去出来るみたいです。塗った後は、見た目は、黒くぎらぎら光っている豚になるので汚く見えますが、しばらくすると毛並みからすごくきれいになっていきます。不思議な使われ方をしています。したがって私の車のオイルは、引き取り手が決まっています。
2003年 8月 6日

キノコ

今年は雨が少ないせいか、未だにキノコが出てきません。何度か雨の降った次の日に、森に行ってみたのですがぜんぜんありませんでした。

今日、用事でスチャバ・ボトシャニ方面に行ったのですが、途中の道端でキノコを売っているではないですか。結構、形の揃っているいいやつです。ここら辺は雨が結構まとまって降っているみたいです。キノコ狩りをしに来ている車も何台か見かけました。形のいいキノコをバケツ3杯ほど買ってきました。今年初めてのキノコ(本当は自分たちで取ってきたものを食べたかったのですが・・・、)をいただきました。やはり新鮮でおいしいです。

もうあと少しすると、ここロマンの郊外の森にもキノコが生えると思います。今は、その時をじっと待ちたいと思います。
2003年 8月 9日

子供の成長

次男、三男ですがそろそろ1人で歩けそうな雰囲気です。寝ている状態から体をひねってうつぶせになり、周りのものにつかまりながら立ち上がります。ここまでは難なくこなせます。どこかに手をついた状態ならばずっと立っていられるのですが、それ以上にはなかなか進めません。

それが今日は手を離して進もうとしたのです。しかし足を一歩踏み出した瞬間に前のめりになってしまいました。残念です。も~ちょっとの踏ん張りで行けそうな気がするのですが、なかなか難しいです。あと数日で多分歩けるようになるでしょう。私の予想は今月末です。
2003年 8月11日

我が家の懸案事項の結末

覚えていますか? 今年の1月に我が家の懸案事項として、空き部屋にソファーを置くかベットを置くかという問題があるという話をしました。あれからいろいろ話し合った結果は、どうなったかと言いますと、・・・。妻の意見が通り、ソファーを置く事にしました。但し、妻の意見ばかりでは、私の意見がどこにも反映されていないので、多少の私のわがままも受け入れてもらえることになりました。それは、一部屋は私の仕事部屋として使わせてもらうという事です。この仕事部屋にソファーを置こうという事です。昼間は、私の部屋に入らなくても済むように、部屋の模様替えをするということで落ち着きました。

問題を先送りしたおかげで、私にとっては静かな環境を手に入れることが出来ました。妻にとっては、お客さん用の部屋が1つ確保できた事になり、お互いに満足する結果になりました。ただ1つ問題があります。それは、私が考えていた子供部屋が作れなかったことです。これは、今後の課題として残っています。今は、この問題も先送りするということで妻とは意見の一致があります。まずは、1つの課題が解決したということで、今日もおいしいお酒で乾杯が出来そうです。
2003年 8月12日

CDプレーヤー

安いのが売っていたので迷わず購入してしまいました。カセットとCDとラジオが聞けるやつで、約40ドルで売っていました。韓国製です。今まで買わなかったのが不思議なくらいですが、これがなかなかいいです。一番喜んでいるのが、長男です。マネレからポップスまでなんでも喜んで聞きながら踊っています。

私はこれで日本の歌謡曲を聞いています。「モーニング娘。」から「美空ひばり」まで、今あるCDを聞いています。・・・、とここで思ったのですが、私の日本の情報は2年前で止まったままかも・・・、ということです。もう「モーニング娘。」は古いのでしょうか? 今は、何を聞いているのでしょうか? いろいろと聞いていながらまじめに考えてしまいました。そういう情報はぜんぜん私にはわからなくなっています。もしよろしければ、日本のCD情報を教えてください。

ちょっと今日は気分的にブルーになってしまいました。 「誰か教えてくださ~~~~い!!」
2003年 8月14日

誕生日

今日は、長男マリアンの名前の誕生日です。車が好きなので車のおもちゃを買ってあげました。早速、遊んでいます。気に入ったみたいです。しばらくすると自分の(自分しか知らないと思っている)隠し場所に、おもちゃをしまってしまいました。大事そうにしまってありました。かわいいやつです。
2003年 8月15日

秋の気配

朝晩、大分涼しくなってきました。もう秋の気配です。夕方になるとどこからともなく虫の声が聞こえてきます。丁度良い音色で響いています。この声を聞きながら過ごす夜は、どことなく寂しい雰囲気があります。短い秋が終わると、長い冬が待っているからでしょう。
2003年 8月16日

ロマンにかかる橋

ブカレストから国道85号線を北上してくると、ロマンに入る手前に川がありそこに橋があります。この橋を渡らない限りロマンの町には入れません。最近、通った方は分かると思いますが、片側1車線ずつを使っての通行になっています。実はこの橋、3年前に橋の一部が落ちたのです。ブカレストから来た方側が一部川に落ちたのです。落ちてから2年くらいはそのままになっていましたので、夜などに通ると不気味な風景になっていました。今年から復旧が始まり、落ちた橋も元通りになり、今は復旧した側を使い片側1車線通行にしています。今まで使っていた方は、アスファルトをはがしもう一度アスファルトを敷き復旧しています。今年の冬には2車線ずつの橋になると思います。(という話を書いている時に開通したみたいです。今日、開通です。)

お金が無くてしなかったのか、工事が難しくてしなかったのか分かりませんが、何とも気の長い話です。もし橋が完全に落ちてしまっていたらどうするつもりだったのでしょう。
2003年 8月18日

大事件

朝、長男が庭で泣いています。何事かと思い行ってみると、指から血を流しています。それもただ事ではない量の血です。痛がっている手をそっとしながら見てみると、中指の爪が半分はがれて、そこから血が出ています。(う~~いたたた。)・・・、これは相当痛いだろうなと思いながら、抱き寄せてあげます。・・・、これしか出来ないのです。代わってあげたいのですがこればかりは・・・。少し落ち着いたところで消毒します。

原因は、家の門の扉に指が挟まり、無理に指を引いて爪をはがしてしまったみたいです。一応、病院に行き診察してもらいます。塗り薬と化膿止めの飲み薬の処方箋を書いてもらい、薬局で購入します。(薬代は無料です。)あとは時間を掛けて傷口から爪が生えてくるのを待つしかありません。私としては、本当に胃の痛くなる思いです。代われるものなら代わってあげたいです。妻は、私以上に心配だったと思います。

病院に行き薬局で購入した薬を塗ると、長男は何事も無かったかのように元気になりました。ほっとしました。これで又1つ勉強になりました。私と妻と子供、共にです。
2003年 8月20日

バナナの購入方法

マガジン(商店)に行くとバナナが山積みになっています。一房10本ずつくらいついています。好きな本数だけ、極端な話、1本から買うことができます。欲しいところを言うと、そこだけ切り離してくれます。選んだバナナを計りにのせ、キロ(グラム)いくらで値段が決まります。キロいくらで売っていますので、合理的な売り方だと思います。1キロ80円くらいが今の相場です。
2003年 8月22日

立ち上がった。

次男が今日1人で立っていました。まだ歩くとつまずいてしまいますが、立つことは出来ました。嬉しい瞬間です。1年間、この時のために抱っこしたりしていたのだと思います。本当に嬉しいです。もうしばらくすると歩けるようになるでしょう。
2003年 8月26日

小旅行

スチャバ、ブコビナ地方へ行ってきました。天気が良くとても気分が良かったです。ここの地方は、何回かに分けてじっくり訪問したいと思いました。
「旅行する」に写真を掲載してあります。
2003年 8月27日

1歳の誕生日

早いもので、次男、三男が1歳の誕生日を迎えました。生まれたときと比べると、の大きさになっています。来年の誕生日には、「さらに倍!」とはいかないでしょうが、その位大きくなって欲しいと思います。
2003年 8月29日



ルーマニアの音 エントリー

  1. 1歳の誕生日
  2. 小旅行
  3. 立ち上がった。
  4. バナナの購入方法
  5. 大事件
  6. ロマンにかかる橋
  7. 秋の気配
  8. 誕生日
  9. CDプレーヤー
  10. 我が家の懸案事項の結末
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日