マイレージプログラム

ルーマニアに来るのには、格安航空券を購入してくると思います。今回、この格安航空券をさらにお得に使う方法として、マイレージプログラムの使い方、貯め方を考えてみました。ルーマニアに来るときに安いチケットを探すだけではなく、日々、ルーマニア行きを考えられ、また楽しく安く来る方法を考えてみました。
理想的な行き方(マイレージプログラム使い方)」を[情報を知る]に追加しました。
2004年 9月 1日

冬の支度

もう冬の準備を考えています。寒くなる前にやっておかなければならないことを始めています。まずは絨毯洗いです。家の全ての絨毯を洗って干しました。2~3日後に取り込んで敷きます。

今年はチェントララ テルミカ(温水暖房給湯設備)を入れたので、マキの購入はしません。これだけでも冬の支度の重労働が一つ無くなり楽になりました。
2004年 9月 2日

ガソリン価格の高騰

ガソリン高くなりました。1リットル29,000leiです。 95円位します。前からガソリン代だけは、ルーマニアでは異常に高いと思っていましたが、さらに異常な高さになりました。これ以上高くなると、車での外出は控えたくなる家庭も増えることでしょう。
2004年 9月 3日

シャワー嫌いな三男

子供たちのシャワーですが、毎日私が順番に入れています。誰が一番という事もなく、毎日その時に行きたいという順番から連れて行きます。「シャワー行こう」というと我先にと私の元に来ます。しかし、三男だけは1番に行こうとしません。行こうと三男に言っても、こっちこっちと長男や次男の方を指差します。無理やり連れて行こうとすると泣き出してしまいます。ですのでいつも長男か次男を先に入れて、最後に三男を入れます。

最後に連れて行っても、シャワーをしたくなさそうにします。行ってからも今にも泣き出しそうに目をウルウルさせています。お湯がちょっとでも顔にかかりそうになると泣き始めます。シャンプーの泡がちょっと目に入ると大泣きします。私は、このままこうしてシャワーすると、ずっとシャワー嫌いになると思い、三男を普通にシャワー出来る方法を考えました。

まずはシャワーは怖くないし、すっきりするものだということを判らせることから始めます。長男、次男を入れたあと、三男にそっと「シャワー行こう」と言います。いつもの通り行きたくないと言いますが、やさしくやさしく何度も行こうと言います。しばらくするとしぶしぶついて来ます。シャワー室に行くと今度はシャワーのお湯をぬるめにして、そっと上から下までかけます。頭と顔はかけません。さっとかけたところで、おしまいにします。タオルで顔を拭いて、バスタオルに巻いて持っていきます。1日目はこれで終わりです。なんだったんだろうというほど簡単にします。

次の日も長男、次男を入れた後、三男にそっと「シャワー行こう」と言います。しぶしぶついて来ます。シャワー室で今度もお湯をぬるめにして、そっと上から下までかけます。今回は頭から下までさっとかけます。泣き出しそうなところをタオルで拭いてバスタオルに巻いて持っていきます。ここで三男もいつもと何か違うと感じ初めているようです。

次の日も同じようにシャワー室まで連れて行き、お湯をぬるめで頭から下までかけたあと、タオルに石鹸をつけて体を洗います。3日目になると、泣くことも忘れてこれは何、あれは何と、早くもいろいろなことに興味を示します。シャワーは怖くないという気持ちが出来てきた証拠です。私の作戦が成功した瞬間です。これ以降は、毎日泣くこともなくシャワーしています。

今では、「シャワー行こう」と言うと、長男、次男、三男が3人揃って我先にと私の元に来ます。誰を連れて行こうとしても、あとの2人が泣いてしまいます。これは嬉しいやら、またまた困ったやらでどうすれば良いのか判らないところです。1番目は長男、2番目は次男、3番目に三男という順番がうまくまとまりそうな気配ですが、まだしばらくは誰が1番にシャワーに行くかでけんかになりそうです。
2004年 9月 4日

もう一匹番犬を

犬を飼っている方から、生後3ヶ月のオス犬がいるので、どうですかと言う話があったので、ぜひとも欲しいですとお願いしました。種類が私はわからないのですが、白地に黒の斑点のあるスッと細長い犬です。まだ子犬なのでおっかなびっくりしています。顔かたちがすごくしっかりしていて見た目も良く、また私に直ぐになついてくれたので、好きになってしまいました。

子供たちは、子犬が近づくと泣き出してしまいます。これも少しすれば慣れるでしょう。家には、あと2匹いるのですが、これが吠えるわけでもなく、気にする素振りもほとんど見せないでいます。距離をおいていますので、無言の犬同士の会話をしているのだと思います。うまく仲良くなってくれると良いと思っているのですが、どうなることでしょう。

これで家には3匹の番犬がいることになります。家を守るのに良い体制になってきました。

ちなみに犬の名前は「太郎」です。なぜこの名前と言われても、なんとなく決めたとしか言いようがありません。
2004年 9月 6日

寒い

今日は、朝から風が強く、寒い日です。少し暖房を入れました。ここ3週間が秋で、来月には冬になりそうです。今年は冬の訪れが早そうな気配です。
2004年 9月 9日

冬の保存食

今年もそろそろ冬の保存食を作らなければいけないと思っているのですが、今年は、異常に野菜の値段が高いです。ルーマニア各地で雹の被害や、嵐の被害があったので野菜が高くなるとは予想していましたが、それでも高いと思います。明日、もう一度ピアッツァに行き、今年は何キロ野菜を購入するか決めたいと思います。(保存食には関係ないですが、ジャガイモの値段は例年並です。)
2004年 9月10日

日本食

以前、ルーマニアで欲しい日本食の究極の一品は「しょうゆ」という話をしました。今でもこれは変わっていません。1年を通して使っています。いろいろな料理に使えますので重宝しています。

今回、このしょうゆの次にくるであろう一品を決めました。それは おやじ味噌
です。このおやじ味噌ですが、ルーマニアに来た方から頂きました。こんな味噌があるくらいにしか、はじめは思っていなかったのですが、ちょっと味見をした瞬間に
「う~、うっ、うめ~、え~何これ、美味いよ」と頭の中までこの味がしみわたりました。
もう一度、味見をしましたが、何度食べても美味いです。これは久しぶりに感動してしまいました。今では、私と妻は、どんな料理にも、このおやじ味噌をつけています。今は、いいものを頂いたという気持ちでいっぱいです。(辛さがちょっとありますので、子供たちには、まだ無理そうです。)
2004年 9月11日

さくらんぼ酒(飲みごろ)

朝晩寒くなってきましたので、さくらんぼ酒を一杯飲むのに良い季節になりました。朝から飲むわけにはいかないので、夕方から頂きますが、今年のさくらんぼ酒は、本当においしいです。甘いけどすっきりしていて香りが良い、そんな味です。これから、ウヲッカのおいしい季節です。お酒が好きな私には、良い季節です。(希望としては、そんなに寒くならない冬が希望です。)
2004年 9月13日

何が起きた?!

昨日の夜のことです。私の家の犬が吠えていました。それも普通でない吠え方をしています。唸りながら吠えています。これでもかこれでもかと吠えています。何事かと思い外を見てみますが、何も変わりありません。しかし、犬は狂ったように吠えています。こういう時は、誰かが家の庭に入ってきているかもしれないので、うかつに外に出るわけにいきません。しかし窓から見ても、外の様子は何も変化がありません。外灯を全てつけてみても、何もおかしいところはありません。

しばらく私が窓から外を見ていますが、変わった様子がありません。しかし犬たちは、吠えつづけています。原因が判らないだけに、恐怖を感じます。誰かがいきなり窓ガラスを割って入ってくるのだろうかと考えたりすると自然に身構えてしまいます。何だよ、何とかしてくれよ、と半分泣きたい気持ちになります。

そんな時に、ピタッと静かになりました。今度は、さらに身構えてしまいます。犬たちは大丈夫なのか、3匹もいるのに全部やられてしまったのか、などなどもう頭の中はパニックです。それから1時間くらい外を見ていましたが、何も変化はありません。犬も3匹共元気です。でも、先ほどの恐怖感があるので外に出て確認できません。犬が静かなのだから問題がないのだと言い聞かせて、そのまま寝てしまいました。(おいおい寝るなよ、とか言われそうですが恐怖で疲労困憊でした。)

朝、起きてみて夜の出来事は夢ではなく、本当にあった事だという原因がわかりました。

そ、その原因は、・・・・・・・、

・・・・、・・・・・、

ネコでした。それも小さな子猫です。朝、外に出ると、子猫が隣の家との塀にちょこんと顔を出しました。その途端、犬が3匹同時に、昨日のように吠え始めたのです。私は、もう言葉が出ませんでした。がっかりです。3匹揃って、こんな子猫一匹に何時間も吠えつづけるなよと、怒る気力もなくなってしまいました。

今日1日は、疲れと怒りと安心と、いろいろな心が入り混じった、なんとも言えない気分の日でした。(ふ~)
2004年 9月16日

テレビチャンネル「acasa(アカサ)」

最近は夜になると、ずっとチャンネルを「acasa」にしています。これは妻の希望です。私が違う番組を見ていても強制的に変えられてしまいます。「acasa」ですが、主にドラマをやっています。

最近、この「acasa」の番組の趣旨がわかってきました。まず暴力的なことは放送しません。それと人間くさい、悩みや人との付き合いみたいな内容の番組を作っていっています。女性が好きそうな、やさしい内容で、しかもどこどこの誰は今何を話しているみたいな、井戸端会議的な内容です。私は男ですので今までは、また「acasa」でドラマがやっているよ、井戸端会議しているよ、みたいな感じで内容を見もしませんでしたが、毎日見させられているうちに、なるほど基本理念がしっかりしていて、見るターゲットを完全に絞っているので、人気番組が多いのも判ってきました。新たな発見です。

また、家族で見ていても、危険な映像などないので全て見せることが出来ます。衝撃的な映像100連発やくだらないお笑いなどは、ありません。男が好きそうな番組内容を完全に省いてしまっているように思います。男でこの「acasa」を見ている人は相当少ないと思います。毎日、毎日、誰と誰が好きになって、こちらはけんかして、出会いがあって、別れがあってと、男にとっては(私にとっては)、どうでもいい内容です。

見ている女性は、本当に良く見ています。ルーマニア女性に聞く機会があったら聞いてみるといいと思います。「acasa見てる?どのドラマが好き?」というだけで話のネタが増えると思います。「『Capsune cu zahar』のPipoとJoana(※)がルーマニアに来たよ、見た?」なんていう話はちょっとマニアックすぎるでしょうかね。こちらも「acasa」の『De 3X Femeie』(デ トレイオリ フェメイエ)にゲストとして来ていました。
※PipoとJoanaはポルトガル人です。もちろん役名です。
2004年 9月17日

夫婦の役割分担

日々のことを決めるのは、妻の役目。
未来を決めるのは、夫の役目。
と、私は思っています。別に男女を差別しているわけではありませんが、これが男と女の思考能力の違いによる最も得意な分野だと思います。

妻は今の現実に最善の努力をする。
夫は未来に向かって最善の努力をする。
こういう事だと思います。未来がある程度見えていると、今しなければいけないことが判ってきます。それには、毎日の積み重ねが重要になります。

このことを互いに補っていくと、夫婦としてうまくいくのだと思います。その思考回路が違うところに、いつも尊敬の気持ちを持っていると、夫婦としてうまくいくような気がします。皆さんの家庭はどうですか。
2004年 9月18日

牛乳配達

今年の5月ごろから毎日、私の家に牛乳を配達してもらっています。近くで牛を飼っている家から牛乳を買っています。毎日、おばさんが自転車で持ってきてくれます。空のペットボトルにいっぱいにして持ってきてくれます。受け取るとまだ生暖かい牛乳です。これが新鮮で甘くておいしいのです。子供たちも毎日飲んでいます。

私は、ここに商売の原点みたいなものを見た気がします。新鮮でおいしい牛乳を毎朝配達してくれるなら、頼む家は多いと思います。さらに受け取ったときに生暖かいということは、搾りたてだという証拠になります。お金は1週間ごとにまとめて後で支払います。持ってきてくれるおばさんの顔がありますので、変なことは出来ません。お互いの信頼の上に成り立つ商売です。

これをみると「雪○」みたいな商売としての原則を忘れている大きな会社が滑稽に見えます。(今は、「雪○牛乳」から「○○ミルク」に名前を変更)あたりまえのことを、あたりまえにするだけの事なんですけどね。それを忘れたら終わりだと思います。

信頼を失うのは一瞬ですが、信頼を得るのは一生かかるものです。(一生かかっても出来ないこともあります。)これは何事にも当てはまると思います。
2004年 9月20日

約束の時間

妻と朝の8時にどこかへ行く約束をしていて、もし寝過ごしてしまってもあわてない。

おはようの挨拶をした後、いつものようにゆっくり着替えて洗面所へ行って、コーヒーを飲んで、一通りメールのチェックをしてから、準備OKで出かけます。私と妻の約束の時間というのは、このくらい大雑把な時間の約束です。8時に起きたとしたら8時から準備をしていけば良いのです。急ぐ用事でもないというのもありますが、このくらいのんびりしている方が心にいい影響があります。約束を守らなければいけないとは思いますが、どこに行っても時間にルーズなこの国では、1時間くらい違っても誰も文句を言いません。たかだか5分、10分は遅れたうちに入りません。「今」という言葉は、20分待ちくらいは含まれると私は解釈しています。

そんなわけで8時に出発しようが、8時30分になろうが、9時になろうが、何も問題なく8時の約束が出来ます。
2004年 9月23日

冬になる前に

冬になる前にまだやらなければいけないことがあります。ぶどうの収穫、ワインつくり、これは来週あたりにと考えています。あと野菜の保存食、きゅうり、ゴゴシャリ、ゴゴネリ、キャベツ、などを漬けないといけないのですが、ピアッツァに行っても野菜の値段が高いので買うのをためらってしまいます。これも来週にはと思っています。

10月も後半になると、相当寒くなるのでそれまでには終わらせたいと思っています。 11月には雪が降ります。夏から冬へいきなり季節が変わりますので、気持ちの切り替えが大変です。
2004年 9月25日

日曜大工

ルーマニアには、絶対にない言葉だと思います。ルーマニア語でこれを言うとどう言えばいいのだろうか。日曜日に家の修理をしたりすることと言い換えればいいのだとは思うが、それよりももっと大事なことがあります。

それは、日曜日には大工仕事をしてはいけないのです。ですので仕事をしようものなら、「ダメ!、だめ!、駄目!」と直ぐに中止にされてしまいます。私は、気分的にこの晴れた日曜日に、犬小屋でも作ろうと思うのですが、そうはいきません。

平日、朝から夜まで働いている人は、日曜日しかこういう事を出来ないと思うのですが、みんなはどうしているのだろうかと思います。田舎だけは厳格に守られていて、ブカレストなどはそういうことも無くなってきているのかなと考えてしまいます。
2004年 9月26日

青年海外協力隊員(JICA)

青年海外協力隊員(JICA)の方がここロマンに2名いらっしゃいます。一人は看護婦さん、もう一人は野球の先生です。

看護婦さんの業務というのは大変だと思います。特にここロマンの病院は汚いですので、日本とは同じ感覚では出来ないと思います。病院に来る人もいろいろな人がいますので、毎日が緊張の連続だと思います。看護婦さんは、去年の1月ころに来ましたので、今年いっぱいくらいで2年の任期が終了すると思います。来た当初は、お会いしたことがあるのですが、最近はお会いしていません。多分、ルーマニア語も相当うまくなられて、病院でも中心的な役割をして、他の看護婦さんを指示、指導していることでしょう。

もう一人、野球の先生ですが、去年の5月に、ここロマンに来まして、お会いしました。ここロマンの野球チームは、ルーマニアでトップレベルにあるという話を聞きました。あれから、ほとんど連絡が取れないまま今に至っています。携帯電話の番号が直ぐに変わってしまうので、なかなか連絡がつきません。この野球の先生ですが、来年3月ころに任期が終了し、帰国されると思います。

先日、来年の夏にルーマニアに、こちらも青年海外協力隊員として野球を教えに来られる方からメールを頂きました。ルーマニア南部の町へ派遣されるということで、私のいるロマンの町ではないのですが、このロマンの先生の後任になるような感じです。何度かメールのやり取りをさせてもらっています。最近、ブログをはじめたという事で、ここに紹介させて頂きます。
「青年海外協力隊員の思い」 です。
今の時代、ブログですね。(ウェブログを略してブログと言います。インターネット上の日記みたいなものです。このブログを見た人が意見をそこに書き込んだりも出来ますので、掲示板の要素もあります。気に入った内容の記事には、簡単にリンクすることも出来ます。(トラックバックと言います。))ルーマニアに行くまでと、ルーマニア滞在のことを3年近く(それ以上)見ることが出来ると思います。これからに期待していましょう。

青年海外協力隊員の方は、それぞれの思いを持ってルーマニアに来ていると思います。こういう形で、自分の気持ちを表していくというのはとても良いことだと思います。今、ルーマニアに滞在されている方も、これからでも遅くないのでブログで情報を発信してみてはいかがでしょうか。ルーマニアに来たけど、何をしているのか解らないでは、何のためにしているのか分からなくなると思います。

JICAホームページを見ると体験談が掲載してありますが、帰国して1回きり体験談を書いて終わりというのでは、まだまだ判らないことがたくさんあると思います。毎日ブログで発信してほしいです。少なくとも緑色のパスポート(※)で来ているので、御自分の活動をオープンに情報開示して頂きたいと私は思います。政府開発援助をしているのですから、それを知りたいと私は思います。旅行とは違う、仕事とも違う、家族での滞在とも違う、「政府開発援助とはこういうものだ!」というのを知りたいです。よろしくお願いします。

(※)通常パスポート(旅券)は、赤色か青色です。外交旅券は緑色です。なかなか見る機会も取得する機会もないと思います。
2004年 9月27日

中秋の名月

本当に明るい月が出ていると思ったら、今日は「中秋の名月」です。今年は、旧暦の8月15日と満月が同じ日になったのできれいな月でした。しかし、お月見をするには、ちょっと寒すぎる気候になってしまいました。でも、お酒が大好きな私にとっては、お酒を飲む理由が出来ましたので、これ幸いとばかりに、ちょっと高めのワインを空けてしまいました。
2004年 9月28日

ぶどう狩り

今日は、昼から家のぶどうを摘み取っていきました。今年のぶどうは甘くておいしいです。粒が大きく、味が濃いです。今年も良いワインになりそうです。

明日もう1日で、全部のぶどうを摘み取り、樽に潰しながら入れていきます。今年で4回目の収穫ですが、もう大分慣れました。このぶどうを取ると直ぐに葉が落ちて、ぶどうのツルだけになります。これを見ると、ああ冬が来たなと思います。
2004年 9月30日

鉢植えの花たち

夏の間、外に出していた鉢植えがありますが、冬になる前に家の中に入れなければいけません。去年は、テーブルを持ってきて、そこに並べて置きました。そのまま冬を越しました。

それを見て妻が、今年はテーブルに並べるだけでなく、見て楽しめるようにしたいと言い出しました。どうすれば良いのかと聞くと、段々状になった飾り棚を据え付けたいと言います。私は作れませんし、そこら辺の店にも売っていませんので、じゃあ作ってもらいましょうということで、知り合いの方にお願いしました。

今日、その棚を家の中に入れてみました。そこに鉢植えを順番に飾っていきます。(私は見ているだけでしたが・・・。)これは、すばらしいですね。飾り付けのセンスも良いですが、部屋(ホール)の雰囲気がガラッと変わってしまいました。お花屋さんみたいです。(例えがおかしくてすいません。これしか言いようがありません。)

せっかく妻がいい感じに仕上げてくれたので、電気のプロの私としては、ここに照明をつけてさらにきれいに見せようかと考えています。なんでもないホールがすばらしくなってしまいました。
2004年10月 1日

ワイン樽へ

摘み取ったぶどうが丁度良くなってきたので、ねかせる樽に移し替えました。今年もいい色になりました。味見をしても、十分おいしいワインになると予想出来ます。味見をするときのワインは、ぶどうジュースなのですごくおいしいです。

なんとなくですが、ワインつくりのコツが分かってきました。ぶどうの収穫する時期、潰し方、ねかせる樽に入れる時の色、味、などなどどれもタイミングが大事です。今年は、近くの家からもぶどうを購入しました。そのため、ワイン樽にいっぱいにしてもまだまだあります。今日、25リットルのガラスの容器を買ってきてそれにも入れました。それでもまだあります。明日、またガラスの容器を買わなくてはいけません。

今年は、いい味のワインが浴びるほど飲めそうです。自家製のワインは、味が少しおかしいと思っていましたが、作り方さえ間違えなければすごくおいしいワインになることが分かりました。去年は、売れるほどいい味のワインが出来ましたが、今年もそれに負けないくらいのワインが出来そうです。
2004年10月 5日

きのこ取り

今年は、今の時期、きのこが市場になかなか出回りません。あっても高いです。先日、雨が降りしばらく暖かい日が続いたので、今日、きのこ取りに行ってきました。少し遠くの確実にあるだろうというところに直行しました。

ポツポツと生えています。まだ、ちっちゃいです。親指くらいの物が生えています。かわいそうなのでそのままにして、大き目の物だけ取って帰ってきました。あと2日くらいしたら丁度いい大きさになることでしょう。その時に、ごっそりと持ってこようと思います。
2004年10月 7日

ぶどう樽の音

今年は、ワインが相当できそうです。大きい樽が一つと、25リットルのガラスの容器に3つほど満タンに入っています。250リットル強あります。

ぶどうを樽に入れると、中で自然に発酵していきます。このとき細かい泡が出てきますので、それを外へ逃がすために、蓋のところへ空気抜きのチューブを取り付けます。空気が抜けるチューブの先は、鍋などの中に水を張っておき、そこにつけておきます。今年は、4つの容器からチューブが水の中へ入っています。

「ポコ、ポコ、ポコ」と規則正しく空気が抜けていっています。これの4つが合わさった音色は、とてもいい音です。静かな中にこの音だけがしています。しばらくその場で聞き入ってしまいました。「今年は、ガラスの容器から飲んでいき、樽のやつはクリスマスにはじめて飲んでみよう。」などとボケーとしながら考えていました。「今年もおいしいワインになりますように。」
2004年10月 8日

きのこ取り2

今日はあると確信して、行ってきました。長男も行きました。思ったよりは育っていない(?)ですが、でもありました。ごっそりというわけにはいきませんが、大分取ってきました。一番の貢献者は、長男です。背が低いからか、地面が良く見えるのか、次から次へと摘み上げて取っていきます。私と同じペースで見つけていきます。もちろん最終的には、長男はあきてしまいそこら辺をふらついているだけでした。私の持久力が上なので私の方がたくさん取りました。(こんなところで長男と競争してどうする!?)量から言うと前回の3倍、いや長男の取った分がありますので3.5倍以上になりました。

今年はこれできのこ狩りは終了です。また来年に楽しもうと思います。帰りの車の中では、長男は疲れたみたいで、ぐっすりと眠っていました。夢の中で最後のきのこ狩りをしていたのでしょう。
2004年10月 9日

ワイン最後の搾り

毎年私の家では、自然の重みで出てきたぶどうジュースをワイン樽に入れていました。これでも相当な量がとれます。しかし、摘み取ったときに入れておく樽の中には、まだ相当な量のぶどうがあります。これをそのままにしておくのはもったいないとは思っていました。今年は、近所の方が圧縮機を持ってきてくれましたので、これを使ってぶどうのエキスを搾り取っていきます。

ゆっくりと圧縮していくと、まだまだぶどうのエキスが出てきます。 3時間ほどかけて全部のぶどうを搾っていくと、相当な量がでました。私の家には、もう入れるタンクがありませんので、隣の家から50リットルのガラスの容器を借りてきました。これに満タンに入りました。口の先には、空気抜きのチューブをつけて作業完了です。

今年は、約300リットルのワインが出来る予定です。 750mlのワインのビンで換算すると、400本出来ることになります。1日1本飲んでも1年後にはまだ残る計算になります。でも半年後には、全てなくなってしまう気がします。
2004年10月11日

冬の準備完了

ここのところ、毎日冬の準備をしていました。ぶどう、きのこ、ぶどう、きのこ、と1日ごとにしていた気がします。ワイン作りは、時間・タイミングが重要ですし、きのこも同じようにタイミングが重要です。そんなこともあり交互にやってきました。

もう一つしなければいけないのが、野菜の保存食つくりがあります。昨日、今日でピアッツァにてきゅうりとゴゴネリを購入してきました。それをタンクにつけました。今年は、野菜がめちゃめちゃ高いです。ピアッツァに相当数出ているにもかかわらず、どこも高く売っています。といっても1kg100円以下です。 1年前を知っていると、3倍ほどの値上がりになりますので、高いと感じます。

これで一通りの冬の保存食作りは完了です。なんとなく自分がアリとキリギリスのアリになった気分です。これで暖かく冬を越せそうです。
2004年10月13日

冬の保存食、もう一品あります

前回で完了したように思っていたのですが、大事な野菜を忘れていました。「キャベツ」です。今年はいくらなのでしょう。去年は、1kg2,000leiでした。約7円です。ピアッツァの裏にキャベツの市がこの時期だけ開かれます。そこで確認してみようと思います。
2004年10月14日

サイトを運営していると

このサイトが出来てから4年になります。私は日常、近くで起きたことを自分のノートにまとめる気持ちで、このサイトに書き入れています。子供のこと、家のこと、ふとしたときに思ったこと、など前日とのつながりなく今日のことを書き入れています。自分の日記のような形で書き入れてきました。ここで生活するにあたってどんなことがあるのかが、分かってもらえるのではないかと考えています。それがルーマニアに住むための情報として重要ではないかと思っています。おかげさまでいろいろな方に見て頂き、大変ありがたく思っています。今後も、こういう方針でサイトを運営していこうと考えています。

最近面白い傾向になることに気が付きました。以前は、頂くメールは「結婚について教えてください。」や「ルーマニアについて教えて。」など全て、教えて、教えてというものでした。それが最近は、ルーマニアについていろいろな情報を提供してくれるメールを頂くことが多くなってきました。教えてというものもありますが、その中からキラリと輝いている文が目立つようになってきました。これは本当に嬉しいです。すごく勉強になります。またそれを活かしてサイトを更新したりと、とても役に立っています。情報を発信していながら、情報が集まってくるようになってきました。すごくいい回転になってきているように感じています。今後も謙虚に、勉強させていただこうと思っています。
2004年10月15日

青年海外協力隊員 in VASLUI

以前、青年海外協力隊員(JICA)のことを掲載しましたが、VASLUIに居る青年海外協力隊員の方からメールを頂きました。養護で聴覚障害児の指導員をしている方からです。今の時代、ブログです。何度も書きますがブログです。 VASULUIでのことをブログで発信しています。
Yuquita in Romania です。
10月からはじめたとのことなのですが、なかなか鋭くルーマニアを見ていると思います。女性ならではの視点ですので、なるほどと感心することばかりです。私は、すごく楽しく見ています。一度ご覧になってください。こうして、ルーマニアに関するサイト(ブログ)が増えるというのは、嬉しいことですね。それぞれの視点、角度で感じた事を好きなように表現してこそ、本当のルーマニアが見えると思います。
2004年10月16日

ルーマニア移住後の日本側の手続き

手続きする」の中に「ルーマニア移住後の日本側の手続き」を掲載しました。 日本と完全に縁を切って暮らしている方は少ないと思い、日本側でするであろう手続きをまとめてみました。参考にしてください。
2004年10月17日

今日は暖かい

朝の冷え込みも無く日中は本当に暖かくなりました。外での作業には丁度いい気候です。何かしようかなと考えていると、直ぐに妻から「洗車でもしたら」の声が掛かりました。

というわけで今年最後(?)の洗車をいたしました。水もそんなに冷たくなく、暖かい日なので短パンにサンダルでしました。いつもより念入りに下回りを重点的に泥などを落としていきます。ワックスもかけ、中も掃除機をかけ、窓ガラスもきれいにし、艶出し材もつけ、きれいにしました。最後にエンジンルームを点検して完了です。これだけきれいにしたのできっと車も喜んでいることでしょう。私も気分的にすっきりしました。

現在、ロマンの町には洗車場がいろいろなところに出来ています。大きな車庫の形の中に車を入れて、ジェット噴射のノズルで洗う形式です。1台に1車庫で1人の人が最後まで仕上げていきます。1回200円くらいです。それと、ガソリンスタンドには、機械式の洗車機があります。ジェット噴射のノズルで下回りをきれいにした後、機械にかけます。1回300円です。全て温水の設備ですので、冬の寒い日でも問題なく洗車できます。私の車も、冬の寒い日は、こういう洗車場のお世話になります。
2004年10月18日

ワインの仕上がり

今日、ちょっとだけ試飲してみました。大きな樽は、12月までそのままにしておくので、それ以外のやつを飲みました。・・・色は良いです・・・香りは良いです・・・味は、これも良いです・・・もう少し寝かせるとさらにいい味になることでしょう。2杯ほど飲んだのですが、現在ほんのり酔っぱらっています。酔っぱらいながらでなんですが、良いワインになると確信しています。しびれるほどですので、アルコール度数が高いと思われます。今年は甘かったので、それが全てアルコールに変われば、アルコール度数の高めのワインが出来ます。私には嬉しいお酒になります。明日も試飲したいと思っています。25リットルのガラスの容器の一つは飲んでしまおうと思ってしまいました。もう止められません。明日からじっくり試飲したいと思います。(試飲と言うには、量が多いですね。飲むと言います。)
2004年10月19日

ブログ

ルーマニアに関するブログ、まだありました。へーどーさんって以前、へーどーの日記を書いていた方だと思います。今は通訳をしているということです。こちらもご覧になってください。
ルーマニアから ヘーどー
2004年10月20日

鉢植えの花たち2

以前、家の中に飾り棚を設置して、そこに鉢植えを移動したという話をしました。今日は、そこに照明器具を設置しました。 40ワットのランプが3台一組になっているやつを購入しました。天井に設置して角度が自由に変えられる形のものにしました。それぞれが自由な角度になるやつです。これだけでは面白くないので、これをタイマーで制御するようにしました。冬の間、鉢植えはホールにずっと置いておくので、太陽光の替わりにと考えました。

仕上がって見てみますが、やはり良いですね。一番は、飾り付けのセンスですが、照明はそれをしっかりフォローしています。何と言うか、お花屋さんみたくなりました。(これしか例えようがありません。)
2004年10月21日

食事

子供たちも大きくなり、食事する姿も大分それらしくなってきました。こぼす範囲が狭くなってきて、シャツの真中くらいになってきました。スプーンとフォークを使うようになりましたので、手もぐちゃぐちゃに汚れることもなくなってきました。

今は、テーブルに4つの椅子しかありません。それにプラスして幼児用の特別椅子があります。5人家族ですので、どうしても不自然な形で食事をするようになります。現在、もう一つ今あるテーブルと同じテーブルを探しています。椅子も同様に探しています。

子供たち、すごく食べるようになりました。3合炊きの炊飯器があるのですが、一回の食事で全て平らげてしまいます。1日3回炊く日もあります。現在、5合炊きの炊飯器の購入を検討中です。
2004年10月24日

けんか してますか

私と妻は、結構けんかしています。何かと言い合いになります。ちょっとした事から、お互いの言いたいことを思いっきり言い合います。これってストレス発散になり、意外とすっきりします。普段、けんかしていなかった私にとっては、気分転換になり良いです。妻は、もとから思ったこと全てを言うので、同じく気分転換になっているのだと思います。

そうは言ってもけんかしたときには、もう口もききたくないと思い、なるべく妻からは離れようとしますが、妻の方は、逆に私にくっついてこようとします。この辺は、妻の方がけんかの仕方、仲直りの仕方を知っていて、1枚上手です。妻の方が大人だなと思います。こうなるとさっきまでのけんかして殺気立った雰囲気から、仲良いモードになります。

けんかしない夫婦は、絶対にないと思います。いつも近くに考え方の違う人がいるのですから、考えの違うことを言う必要があります。全て同じである必要はありません。この言い合いの延長線上にけんかがあるのだと思います。どうしても変えられない自分の思いというものがあると思います。どちらも譲れないことを言ったときにけんかになりますので、これを収めるにはどうすれば良いかということになります。どちらかが正しいというと、角が立ちます。ですので、話し合い、けんかの末、お互いにそのことについて触れないようにすればいいのです。この辺、くっついてくる妻には解っているのだと思います。「その意見には、異論があるけれど、そんな小さなことは忘れて、こうして一緒にいましょう。」という意味だと思います。大人だなと思います。

いつもけんかになる原因ですが、
「そばの茹で加減は、固めが私は良い、妻はやわらかめ」
「ご飯を炊くときの水加減は、私は標準、妻は多め」
「部屋の温度設定、私は低め、妻は高め」
こんなことです。こんなくだらない事でけんかしています。でもいつも一緒にいると、結構気になるのです。笑わないでくださいね。まじめに言い合いしています。
2004年10月25日

地震

子供たちを寝かせて、私はパソコンに向かっていました。夜11時30分ころ、いきなりグラグラグラっと横揺れがきました。ルーマニアって地震がないと思っていましたので、何が起きたのか状況を把握するのに、数秒かかってしまいました。直ぐに子供たちの寝ているところに行きましたが、震度2くらいだと思いますので、そのまま何事も無く過ぎました。

私はルーマニアに来て、これだけ体に感じる地震を体験したのは初めてです。日本でこの揺れを体験しても、たいしたこと無いと思いますが、こちらの家の作りを考えますと、結構、怖かったです。もうこれ以上大きい揺れは来ないでくれよと思います。

明日から、地震についても考えなくてはいけなくなりました。耐震補強等はもちろん、建物が壊れたときの避難する場所、そのときの家の防犯管理、などなどです。家から避難したら、やはり泥棒が直ぐにくるだろうと思うので、避難したくても出来ないだろうと思います。家の中に食料を備蓄しておくしかないのかなとも思います。日本の台風、地震とルーマニアの地震で、今年はなんだか、いやな年ですね。
2004年10月27日

O-ZONE の曲、聴いたことがありますか

ルーマニアで1年前にはやっていた曲「DRAGOSTEA DIN TEI」ですが、曲名を聞いてもなんだかピンとこないと思います。「マイヤヒー、マイヤフー、マイア、ハッハー」と聞くと解る方にはわかると思います。ある方から、日本でもフラッシュで楽しめるとメールを頂きました。
URLは http://pinkmelon.net/maiyahi/maiyahi.htm です。
一度聞いてみてください。(曲は原曲そのままですが、映像は面白くしています。)

この歌が1年前にヒットしていました。面白くて、笑ってしまうと思います。今は、いろいろなサイトが出来ているみたいですので、楽しんでください。こちらのサイトは、よく出来ています。
マイヤヒーまとめ

こちらからはCD購入出来ます。
シングルは、
Dragostea Din Tei


アルバムは、
Discozone [Bonus Track]


です。
2004年10月29日

ワインの試飲

すでに25リットルのガラスの容器が空になりました。お客さんが来ると試飲を進めていましたので、無くなるのも早かったです。

今年のワインも味は良いです。最近は、毎日ワインばかり飲んでいます。
2004年10月30日

朝から

今日は、朝からバザールに台所のテーブルと椅子を買いに行きました。テーブルは無いということで、とりあえず椅子を買いました。家に帰ってきたのが、8時です。今日から夏時間から通常の時間に戻っているはずですので、1時間遅らせた時間です。

まだ朝ということで、教会にウンパルタシュッツに行きました。帰ってきて、9時30分です。

これから朝食をとり、ドライブに行く予定になっています。日曜日なのに今日はなんだか忙しい日になりそうです。
2004年10月31日

グループ

最近ですが、私と長男はいつも一緒にいます。朝起きてから、寝るまでほとんど一緒にいます。昼寝の時間も、私が寝かしつけて、そのまま寝てしまうこともあります。私が仕事でパソコンに向かっている時も、同じ部屋でおとなしくテレビを見たりおもちゃの車で遊んでいます。私が車で出かけるときも、一緒に連れて行っています。(こうしないと大泣きします。)

一方の次男、三男ですが、妻といつも一緒にいます。台所で料理をしていれば、何をするわけでもなく、二人で騒いでいます。昼寝も、妻が寝かしつけます。妻がどこへ行くにもついて行っています。

3人兄弟、仲が悪いわけではないのですが、こうするのが居心地のいい状態になっています。全員が揃うと、それはそれは大騒ぎになりますので、それぞれの思いからこういうグループ分けに自然になっていきました。これもあと1ヶ月すると、また別の居心地のいいグループに変わってくると思います。予想では、次男と私がくっついて、長男と三男は妻の所にいきそうです。三男だけは、いつの時も妻にくっついています。一番の甘えん坊です。
2004年11月 1日

晴れ間が見えない

ここのところ、天候がよくありません。雨が降ったり、曇り空だったりしています。どんよりとした雲が覆っていますので、晴れ間がまったくありません。冷え込みはきつくないので、雪が降りそうな雲行きですがまだ雪は降りそうもありません。こういう時は、気持ちが憂鬱になります。
2004年11月10日

クリスマスのCM

テレビにサンタクロースやクリスマスのコマーシャルが増えてきました。毎年、私が見入ってしまう会社があります。「コカコーラ」と「マクドナルド」です。この2社は、コマーシャルとは思えないほど完成度が高いです。
2004年11月12日

朝起きて外を見てみると、庭にうっすらと雪が積もっていました。いよいよこの季節が来ました。楽しみでもあり、大変でもあります。
2004年11月15日

結婚

ルーマニアでの結婚の仕方、2004年版アップしました。メールにて詳細を教えていただきましたので参考にしてください。「結婚・出産する」よりどうぞ。
2004年11月17日

水びだし

朝方4時頃、水がザーっと流れる音で飛び起きました。台所の方から聞こえます。パンツのまま行ってみるとチェントララのフィルター部分が落ちて、そこから勢いよく水が流れています。直ぐに元栓を締めて、その落ちたフィルターを見てみます。フィルターを取り付けるプラスチックのネジの部分が2つに割れてしまっています。瞬間接着剤でつけてみますが、ぜんぜんくっつきません。水圧が強すぎて、弱いプラスチックの部分がちぎれて割れてしまった形ですので直しようがありません。とりあえず水も止まっていることですし、床の水もある程度拭いて、そのまま寝ることにしました。幸いチェントララは部屋に温水を供給して動いていますので、寒くて困ることもありません。

お店に壊れたフィルター部分を持っていき、これと同じ物を買おうと思いました。しかし、どこのお店にもありません。仕方がないので、フィルターの元の部分ごと全部取り替えることにしました。配管を取り外し、フィルターも外します。これをそのままお店に持っていきます。ここで新しいフィルターの配管の入り口と径を合わせます。いくつかのコネクタを使ってつながるようにします。再度、家で配管をつないでいき、フィルターを取り付けます。

これで一応完成しましたので、温水が出るか試しに蛇口を開いてみます。しかし思ったより温水が出ません。つなぎを点検しても問題がないので、どこが原因かわかりません。全ての蛇口を点検してみると、はじめに試しに開いたところだけが不良です。その蛇口は目詰まりをしていました。先端の部分を外し、ブラシで汚れを落とし再度取り付けます。もう一度全部を点検して、全てOKになりました。

現在、夕方5時30分です。今日1日これだけをしていました。普通、配管などの調子が悪ければ業者を呼んで直してもらうのですが、ここロマンでは、今日頼んで今日来るとは限りません。早くて1週間後あたりに来るのが普通です。そんなわけで、私が取り外しから取り付けまで全てしてしまいました。知らないことばかりですので、まる1日掛かってしまいました。

私と妻は相当強くなりました。何か問題があってもだいたいのものは自分たちで直してしまいます。ここでは、全部自分たちで出来なければ生きていけません。また、あきらめも肝心ですので、あわてないことも勉強しました。そのうちに妻と私で家を一軒建てられそうな気がしています。
2004年11月18日

選挙

今月28日は大統領選挙です。町のあちこちに選挙ポスターが貼ってあります。私はこのポスターを見て、面白いことに気が付きました。それは、どの顔も笑っていないのです。真剣な目つきで怒っているようにも見えます。それが町の至るところに貼ってありますので、異様な光景に思います。

日本で選挙するというと必ず、にやけた候補者のポスターが町のいたるところに貼ってあります。表面上笑っていて有権者の皆さんよろしくと言っていますが、心の中では何を考えているのか解りません。こちらでは、どの候補者も真剣さをアピールしています。最終的には、2人の候補のうちのどちらかだと思います。今後のルーマニアの方向を決める選挙ですので、重要です。
2004年11月19日

帽子は必需品

私が持っている帽子は、毛糸の帽子、毛皮の帽子など何種類かあります。気に入っているのは、毛糸の帽子です。安いし、白や黒や縞模様や茶色や、いろいろな色をその日の気分で選べます。耳まで覆うことが出来るので、機能的にこれが一番だと思います。

こちらである年齢以上になると、この毛糸の帽子は被らない傾向にあります。毛皮の帽子をするのが紳士みたいです。たしかに年齢がいっている人が被るとさまになっています。毛糸の帽子より毛皮の方が数倍暖かいですし、値段も高いです。それを被ることが出来るのは、紳士でもありそれなりのステータスになります。私も出かける先によって帽子を使い分けています。

ルーマニアの冬を過ごすには、この帽子は必需品です。しないで外に出た日には、数分で頭がおかしくなってきます。想像以上の寒さです。現在雪が降っています。明日の朝は、毛糸の帽子を被って雪かきをしそうな雰囲気です。
2004年11月21日

雪かき

今シーズン初めての雪かきをしました。積雪3cmほどですので、たいしたことはないです。あたり一面雪景色で、今日は晴れていますので目が開けられないほど眩しいです。
2004年11月25日

コンサート

夕方6時からロマンの町の中心で屋外コンサートが開かれました。7時頃子供たちを連れて車で見に行きました。外は冷え込んでいますので、車からでも見える場所に駐車し、しばらく見ていました。「3REI SUD EST(トレイ スド エスト)」が出て歌っていました。「PEPE」も出演する予定でしたが、寒いので帰ってきてしまいました。

なぜこの時期にコンサートなのでしょう。このコンサートの主催は、PSDという政党です。28日の大統領選挙のためというのがみえみえです。選挙違反すれすれだと思うのですが、どうなのでしょう。町の中心を通行止めにし、警察官を動員してまで、この日にしなくてもいいと思うのですが・・・。

ここロマンの町は、PSD政党が強い土地です。町の主要な商店、ホテルはPSDの関係です。市長さんもPSDです。

いつもはほっとかれるこのロマンの町ですが、こういう時だけ大事にされるというのは、この町の人はどう思っているのでしょうか。選挙結果である程度気持ちが解ると私は思っています。
2004年11月26日

ウクライナ大統領選挙

私の家から車で2時間ちょっと行くと、ウクライナの国境があります。このウクライナ、現在、選挙結果で混乱が続いています。国内だけでなく、国外からも相当な力が動いています。今後の情勢には、注意しないといけません。
2004年11月27日

ルーマニア大統領選挙

妻は投票に、夕方歩いて行っていました。 IDカードの提出で投票出来るみたいです。「誰に投票したの」と聞くと、そっと私だけに教えてくれました。どうなるのでしょう。

日本も直接の選挙で首相を決められるようにすると面白いと思います。面白いというのは、選挙に興味がある人が増えるのではないかと思います。自分の投票で国のトップを決められるのは、これは普通に考えると普通のことだと思います。(日本が普通でないのか??)日本で今まで首相になった方で、その決めた経緯がおかしい方がいますよね。一晩過ぎると日本の首相が決まっていたなんてことが、1度いや、2~3度ありましたね。こういうことも無くなるのではないかと、考えてしまいました。
2004年11月28日

ルーマニア大統領選挙 結果

まだ決まりません。
上位2人の決戦投票になりました。現首相と現ブカレスト市長の一騎打ちです。28日の得票は、現首相約41%と現市長約34%の得票でした。決戦投票に、この2人のどちらかに投票するとなると、この2人以外に投票した人がどちらに投票するかにかかってきています。大きいのは、サツマーレ、ハルギタ、コバスナ、ムレシュの人たちです。この人たちは、得票数3番目の候補者に投票していますので、重要になります。どうなるのでしょう。

もめそうな雰囲気を私は感じています。
2004年11月29日

サイトのアップ

ここ数日、インターネットに接続できない状態です。つながったりつながらなかったり不安定な状態です。サイトをアップしようと思っているのですが、出来ません。プロバイダ側で問題があると認めましたが、重傷みたいです。
2004年12月 1日

外に行くのが億劫

今年は家の中はチェントララ(温水暖房設備)がありますので、とても快適です。窓から外を見ると、雪があったり、霜が降りていたりしています。

去年までは、毎朝マキを取りに外に行っていたのを思い出します。ジャンパーを着て帽子をかぶって完全防寒で行っていました。直ぐそこにあるけど、外に出るのは暖かくしないと死にそうになるからです。

今年はまだそれほど冷え込みはきつくありませんが、それ以上に、毎日のマキを取りに行く作業がない分もっと暖かく感じます。
2004年12月 2日

日本の観光ビザの値段?

ここのところ、立て続けにビザに関するメールを頂きました。あまりよろしくない話です。大まかに言いますと、観光ビザの取得にお金が掛かるというものです。ビザの取得自体にお金を払うというものや、申請時に銀行の口座に相当な額のお金が必要という話です。

日本人の方が招聘の身元保証人になる場合、お金はかかりません

そんな大金をどこに使うのかというほどの、誰でも解るうそなのですが、まじめに質問がきます。送金してしまった方もいます。ちょっと考えれば解ると思うのですが、また調べたいなら外務省や在ルーマニア日本大使館に直接問い合わせれば済むことです。ビザの発給は日本側のことですので、日本の常識が通用します。きちんと書類をそろえれば、お金は掛かりません。「写真代、コピー代、日本大使館までの交通費」が必要になるだけです。私が書くまでも無いと思いますが、誰でも考えれば解ると思います。
2004年12月 5日

ルーマニア滞在ビザの更新書類

今日は、ビザの申請書類を揃えるためにいろいろなところに行きました。銀行から、病院から、保険やTAXの支払いとロマン中を周りました。

最近はもう慣れました。1日で全ての書類を揃えたのは、新記録です。普通は出来ないと思います。周到な根回しと、日ごろの付き合いの成果だと思います。全てのところで並ばず、「ちゃっちゃっちゃ」と書類を作成してもらいました。
2004年12月 6日

ルーマニアで1人で生きていけるか

毎年、ビザの更新のときにまじめに考えることがあります。それは、妻がいなければ私はルーマニアでは生きていけないだろうなということです。私がいくら知っているといっても、妻がいるから書類も「ちゃっちゃっちゃ」と作成してもらえるし、申請時の不足の書類などもその場で修正できるし、などなど、私1人でしたら1週間はかかるだろうし、何より出来るかどうかも不安になります。毎年、ビザの更新時には、一番弱気な私がいます。

ルーマニアに来てからというもの、自分ひとりで生きているのではなく、いつも誰かに支えられて生きているのだということを実感しています。妻をはじめ、いろいろな方、出会った方全てに見守られているという感じがあります。そんな弱気の私のため、考えもマイナスマイナスで考えてしまうため、昨日の夜は、妻とじっくり「もしも」の事を話し合いました。

もしも私がいなくなったら、私はここロマンに埋めて欲しいとお願いしました。妻と子供たちの書類はここに揃っているということ、などなど。
妻がいなくなったら、私と子供たちは日本に行って暮らして欲しいということ、を妻から聞きました。

夫婦はお互いを補っていくとうまくいくと思います。自分が一番強いのではなく、お互いを補うことで2人が強くなれるのだと思います。 1人で生きていくには、世の中冷たく出来ています。夫婦2人で一緒にいると、その冷たさも丁度良い刺激に変わる気がします。 そう思うと、どこの国に居ようが夫婦がしっかりしていればうまくいくと思います。そんなことを、この一番弱気な時期に考えてしまいました。
2004年12月 7日

誰に電話?

「アロー、クリスティナ」
「シェファーシ」
「ビニ アカサ?」
「ビーネ」
「パッ」

後ろを振り返ってみると、長男が私の携帯電話を持って電話しています。もちろん本当に電話しているわけではないのですが、私と妻の電話する姿を見たのでしょう。ものまねをして遊んでいます。電話の先に本当にいるのでは、と思わせるほどの名演技です。私と目が合うと、「ケッケッケッ」と笑っています。私もおもわず笑ってしまいました。日に日に成長が伺えます。大きくなりました。
2004年12月 8日

大統領選挙

車で行ってきました。妻に誰に投票したのと聞いたらそっと教えてくれました。どうなるのでしょうか。
2004年12月12日

選挙結果

決まりました。野党候補の逆転勝利になりました。

直接大統領を決める選挙というのは、私から見てとても魅力的に感じました。国の舵取りをする人は、やはり国民が決めるのが一番簡単で説得力があります。いい経験をさせてもらいました。といっても私は投票権はありませんので直接投票したわけではありませんが、妻の様子や周りの様子から伺うことができました。

ここロマンはPSDの政党の強いところです。今回PSDが、大統領選挙は負けましたので、これからこの町がどうなるのかというのは非常に興味があります。町の勢力図が変わることは間違いないと思われます。スムーズに変わってくれると良いのですが、そうもいかない気配があります。「しばらくは危ない町になりそうだな」というのが、どこへ行っても聞く言葉でした。
2004年12月13日

ブカレストの状況

大統領選挙後、開票作業中に野党候補の支持者がブカレストのピアッツァユニバスタツィに集まっている様子が映し出されていました。結局、野党候補が当選しましたので、荒れずに済んだみたいです。今日、別件でブカレスト滞在、数時間の日程でその場所を見てきました。

普段と何も変わりがありませんでした。平和な空気が流れています。みんな、これからどうなるのか見守っていることでしょう。
2004年12月14日

ホワイトクリスマス

朝、雪が少し降っていたのですが現在は止んでいます。今年は、雪の無いクリスマスになりそうです。あと9日で雪は積もるのでしょうか。雪になるには十分な気温ですので、あとは天候次第です。
2004年12月16日

生きる力

私は生きた言葉を聞くのがすごく好きです。この「生きた言葉」ですが「自分の言葉」とも言い換えられます。

例えば、毎日のニュースがありますが、私はきちんとチェックしています。しかし、これは生きた言葉とは思っていません。というのも、ニュースは誰が原稿を書いても同じ言葉になってしまう雛型が出来上がっているからです。ニュースは事実を伝えるだけなのでこれはこれで良いのだと思います。

私が好きな生きた言葉は、経験者から発せられる言葉です。なんでもない一言が、経験者から言われると重みを持ちます。このズシーンとくる言葉がすごく好きです。自分が今まで考えてきたことを、一言でくつがえされてしまうような、相当な重みのある言葉が好きです。

いろいろな方と話をさせていただき、いろいろと教えてもらうことが、生きていく上でとても重要だと考えるようになりました。これが生きる力になっていると感じています。
2004年12月17日

クリスマスツリー

今日、購入しました。はじめ600,000や500,000leiのものにしようかと考えました。妻が、400,000leiのものを見つけましたのでこれを購入しました。これから飾り付けです。

子供たちは、もう判っているみたいです。「クラチュン、クラチュン」と何かあるたびに言っています。プレゼントは、「モシュ クラチュンが持って来るんだよ。」と話しても「メトロで買うの」と聞いてきます。知っていて言っているのか微妙に判りませんので、今年はモシュクラチュンが持ってくるということにしています。「大きな車が欲しい」「チョコレートが欲しい」などなど、この時期要求が激しいです。でも、子供たちとわいわい騒いでいるのは楽しいものです。飾り付ける前に、子供たちと一緒にチョコレートなどを少し食べてしまいました。妻は、また買わないといけないと言っていますが、顔は怒っていませんでした。
2004年12月18日

インターネット接続

11月ころからインターネットの接続状態が良くありませんでした。つながったりつながらなかったり、ひどいときには1日中つながりませんでした。プロバイダに聞くと自分のところの非を認めていました。いましたが、完全に復旧するには相当な時間を要しました。プロバイダに様子をうかがいに行くと、見慣れない顔が作業をしています。規模を大きくするため人を相当数入れたみたいです。今までのベテランは管理職にして、現場は何もわかっていない新人が担当したものと思われます。昨日からやっと24時間完全常時接続が出来ています。これでやっと一安心です。 1ヶ月15ドルと安く常時接続しているのであまり文句も言えません。

これを教訓に、ザップ(ZAPP)と契約して非常用にインターネット回線を確保しようかと考えています。ザップは携帯電話会社でCDMA方式です。最大速度1,500kbpsです。(200k~1,500k)これがあればノートパソコンに接続すればルーマニアのどこにいてもインターネット接続出来ます。私の今年のクリスマスプレゼントと考えています。
2004年12月20日

雪はいつ積もるか

現在、雪は積もっていません。クリスマスに間に合うのでしょうか。微妙なところです。
2004年12月21日

今の時期、外を歩くのは控えめに

12月はいつも早めに今月使う分のleiへ両替をしてしまいます。 20日を過ぎてから両替をして外を歩くと狙われる危険が増えるのでこうしています。それと外を歩くのも控えめにしています。

もう今年の食料は確保してありますので、家でゆっくりしようと思います。これから準備するものは、爆竹、花火くらいです。新年に向けていくら分を打ち上げ花火に使おうか考えています。
2004年12月22日

混雑

ロマンの街中ですが、車から人からごちゃごちゃしています。今までにないくらいの混雑です。車は、いつもの5倍くらい走っています。どこへ行くにも町中、車だらけです。

これは景気が良いということになると思います。今年の混雑は異常なくらいになっています。各国からこの時期、一時的に出稼ぎしている人が帰ってきます。その持ってくる外貨が今年は余るほどロマンの町に流れてきているような気がします。
2004年12月23日

モシュ クラチュンが本当に来た

夕方、妻が外に買い物に出かけていきました。しばらくすると家のチャイムが鳴ります。誰が来たのか見に行って見るとそこには大きな荷物を抱えたモシュクラチュンがいます。ひげまで生やして赤い帽子をかぶっています。早速、家の中に入れて話を聞きます。

このとき、三男は大泣きしてしまいます。プレゼントを持ってきたのでこれから順番にあげるので、名前と年齢を言いなさいと話します。はじめは長男からです。弱い声で名前を言います。そして「3さい」と年齢を答えると大きな車のおもちゃが手渡されます。次男、三男は怖い思いがあるので、話す事が出来ません。順番に手渡されます。車のおもちゃ、お菓子、ぬいぐるみを3人に渡した後、しばらくモシュクラチュンの話を聞きます。モシュクラチュンがもみの木の飾りを見たり、ソファーに座ったり、歩き回ったりするたびに、子供たちは目で追っています。みんなで写真撮影したあと、モシュクラチュンは帰っていきました。

しばらくすると妻が買い物から帰ってきました。みんなで「クラチュン、クラチュン」と言って大騒ぎしています。お菓子を開けて、私たちはワインを飲んで、それぞれの思いを楽しみました。「来年もまた来るよ」と話すと子供3人で「クラチュン、クラチュン」と家の中をかけていました。
2004年12月24日

ゆっくりとした時間

今日は、静かな朝になりました。ゆっくりめに起きました。朝からウヲッカを2杯ほど頂いてしまいました。このままホンワカした状態で1日が過ぎると良いなと思っています。
2004年12月25日

冬の山

クリスマス最終日の今日(25~27日がクリスマス)、ちょっとドライブに山の方へ行ってきました。ここのところ雪も降らず、路面も乾燥していて、快晴で気温もプラスになっているため、冬の道とは思えないほど快適なドライブになりました。ラクロシュというところまで行きました。ロマンから片道110kmです。

子供たちは大喜びです。切り立った岩山を抜ける道は、スリルと興奮でキャッキャと言っていました。昼寝も忘れて、目の前の光景を目をきょろきょろさせながら見ていました。行って良かったと思っています。

ラクロシュという湖ですが、全面凍結していて、湖上を歩くことが出来ました。夏とはまた違った風景を見ることが出来ました。澄んだ空気を吸って、いい気分で帰ってくることが出来ました。
2004年12月27日

朝から全開バリバリ100%

子供というのは起きた瞬間からテンション高めで全開で自分の思いをぶつけてきます。私は、朝はゆっくりコーヒーでも飲みながら、一日しなければいけないことをまとめる時間が欲しいのですが・・・。

長男 「これ何?」
私  「コーヒー」
長男 「これ何?」
私  「コーヒー」
長男 「これ何?」
私  「コーヒーだっていってるだろうが」

長男 「これ何?」
私  「コンピュータ」
長男 「これ何?」
私  「コンピュータ」
長男 「これ何?」
私  「コンピュータだって」

長男 「これ何?、これ何?、これ何?」
私  「頼むから向こうに行ってくれ。お願い。」

長男 「ママー、・・・これ何?・・・(遠くの声)」
私  「(フ~~)」

しばらくすると今度は次男が来て、またこの「これ何?」攻撃をしてきます。答えないと答えるまで言い続けるし、答えると次のものを指定します。どっちにしても私はゆっくり考える事が出来ません。三男まで同じ事をされた時には、もう勘弁して欲しいと思います。しばらくは毎朝この状態が繰り返されることでしょう。
2004年12月29日

暖冬

今年は暖かいですね。外の気温0度です。天気予報は、雨のマークがついています。今の時期、-10度~-5度くらいが普通です。雪も降りませんし、なんだかおかしな気分です。
2004年12月30日

今年はとうとう雪が積もりませんでした。東京で雪が降っている様子を見ると、なんか不思議な気分です。気候が逆転してしまったみたいです。

太鼓のリズムに合わせて踊るウラル(仮装行列?)も、今年は顔見知りの人は門の中に入れました。子供たちも興味深々です。近くの子供たちもコリンドで回ってきています。もう直ぐ年が明けます。今年もお疲れ様でした、来年もよろしくお願いします。
2004年12月31日



ルーマニアの音 エントリー

  1. 暖冬
  2. 朝から全開バリバリ100%
  3. 冬の山
  4. ゆっくりとした時間
  5. モシュ クラチュンが本当に来た
  6. 混雑
  7. 今の時期、外を歩くのは控えめに
  8. 雪はいつ積もるか
  9. インターネット接続
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日