ガソリン代が175円は高いのか安いのか

1リットルのガソリン代175円は高いですよね。

日本では暫定税率復活して1リットル155円~160円くらいです。

ルーマニアのガソリン代1リットル175円です。これは、いくらなんでも異常な値段だと思います。

ガソリン代だけではなく、ほとんどのものが値上がりしていますので、今の状態はおかしいと思います。それでも上がるところまで上がると思います。

では物価の安い国はと探すと、

日本

となってくるようになりました。強いユーロを使って日本で買い物をして、ヨーロッパに帰るのが一番賢いと思います。

日本はそんな国でしたっけ。 段々弱い国になっていくのでしょうか。海外から物価の安い日本にめがけて大量に買出しの客が来るようになるのでしょうかね。もうなっているのかもしれません。

世界中で物価が上昇している中、日本が物価上昇しないのは、問題だったりします。国力が無くなっていることかなと思います。物の価格は、需要と供給で決まります。需要が少ないから他国より物価の上昇が低くなると考えます。供給が多すぎるから価格が安いのであれば、業者は高く売れる中国や韓国に物の流通を変えれば良いのですから、やはり日本の中で需要が減っていると考えます。

今年のルーマニア大予想

でも書きましたが、物価高はかなり深刻な問題です。

日本の100円ショップ、ルーマニアにもありますが、100円では売られていません。もっと高い値段で売られています。いくらなのかは、自分で調べてみてください。

こうやって日本とルーマニアを比べていると、その時その時によってどちらが良いかが違うのは面白いと思います。

6月になったら、今年1年の大胆予想を振り返りながら、後半6ヶ月の行方を考えてみたいと思います。

2008年5月13日

ルーマニアまで最短の時間

ルーマニアに航空機で行くときの最短ルートを教えてもらいました。ルーマニアに行くには、途中の経由空港での乗換えがあります。その時間も考慮しての最短の時間です。

Oさん、いつも的確な情報を教えていただきありがとうございます。

私は、アエロフロートかアリタリア航空かなと考えていましたが、ぜんぜん違いました。13時間45分で行ける航空会社を教えてもらいました。

それは、フィンランド航空です。

成田、名古屋、出発の方はこれが一番最短時間で行けます。関空出発の方は、6月1日までは、曜日によって行けますが、6月2日からタイムテーブルが変更になり同日乗換えが出来なくなります。

成田、名古屋、出発の場合このように最短時間で行くことが出来ます。

日本からフィンランドまで9時間30分くらいというのも魅力です。

では料金はというと、これは自分で調べてみてください。安いチケットもあり、高いチケットもあるのがフィンランド航空です。安いチケットが購入できたときには、かなりお徳ではないでしょうか。

夏にルーマニアに行く予定がある方、今からフィンランド航空のチケットを探すと安く購入できそうです。

2008年5月14日


成田出発
AY074便 成田 11:00 15:20 ヘルシンキ 日のみ 14時間35分
AY727便 ヘルシンキ 17:00 19:35 ブカレスト 日のみ
AY726便 ブカレスト 13:10 15:45 ヘルシンキ 土のみ 13時間45分
AY073便 ヘルシンキ 17:20 08:55(+1) 成田 土のみ
名古屋出発
AY080便 名古屋 11:00 15:10 ヘルシンキ 火・日のみ 14時間35分
AY727便 ヘルシンキ 17:00 19:35 ブカレスト 火・日のみ
AY726便 ブカレスト 13:10 15:45 ヘルシンキ 水・土のみ 13時間45分
AY079便 ヘルシンキ 17:15 08:55(+1) 名古屋 水・土のみ
フィンランド航空 ホームページ

食料があるうちに 先のリスクを考えて

ルーマニアでは、小麦など今年は豊作の予想が出ています。今の物価高も一時的なものだと考える人もいるかも知れません。

でも私は、万が一のことも考えています。小麦、とうもろこしなどが平年並みか不作の場合です。この場合、現在の物価高にさらに価格が上昇することが予想されます。

高くて買えなくなるのではと心配しています。

このリスクを減らすには、今買い物をしたものを少し備蓄しておいて、2週間後とかに使うようにすることです。今後価格が上昇を続けるのなら、買いだめしておいて後で使うようにすることです。

そうすることにより、安く買うことが出来ますし、食料があるという安心感があります。

油や小麦など2週間くらい保存できるものは、なるべく保存しておいて使っていくという方法です。

食料品だけでなく、日用品などは安いときにある程度の量を買いだめして、保存しておくのが先の物価高のリスクを減らすことが出来ます。

中国で巨大地震がありました。ルーマニアでもいつ地震があるかわかりません。その時には、水と食料、医薬品など必要なものを確保しておいてある家庭とない家庭では、安心感が違います。

ルーマニアだけでなく日本でも同じです。

いつ地震が来てもおかしくありません。今はもう一度、家の非常用備蓄品を考える時期ではないでしょうか。

もしもの時の非常食 家庭用備蓄品

2008年5月27日

ルーマニアの音 ホームページとブログどちらが見やすいのか

ルーマニアの音を作成してきて、2006年9月から今ご覧になっているブログ形式にしてきました。

もう昔のサイトを見ている方は、少ないと思います。

でも、昔のサイトのほうが見やすいという意見も時々頂きます。

前のルーマニアの音はこちら

どうでしょうか?

文字が大きくて見やすいですか。フレームを使ったサイトのつくりにしていますので、左のメニューから選ぶと右のフレームに表示されるようになっています。

ブログにして無くした項目もサイトではそのまま残してあります。2006年8月以前の情報は、こちらから見ていただくとわかりやすいと思います。

なぜブログにしたのか。理由はいろいろとありますが、検索エンジンに好まれるようにブログにしてみたというのが一つの理由になります。

ブログが強い時期がありました。検索エンジンでブログが上位に表示される場合が多い時期もありました。しかし、今後はサイトが強くなっていく時期にきています。

そして古いサイトが上位に来るようになってきています。

私のサイトつくりはこの「ルーマニアの音」からはじまりました。今では数え切れないくらいのサイトやブログを持っています。

でもやっぱりサイトをつくるのに相当な時間を掛けた「ルーマニアの音」に愛着があります。

今見ても、それほど古臭さを感じないと思うのは私だけでしょうか。

2008年6月3日

7歳の誕生日のお祝い

自分の掌の中にすっぽりと納まっていた赤ちゃんから、今では重く大きくなりました。赤ちゃんの時の顔から、ちょっとスリムになり、大人っぽくなってきました。

もう7年も経つのですか。今月、長男は7歳の誕生日を迎えます。

私が7歳のころは何をしていたのだろう。私が子どもの歳の時に何をしていたのか考えてしまいます。

入学式の時の写真は覚えています。1年生の時は、生徒数が多くてプレハブ小屋で授業をしていたように思います。私のクラスの隣の隣のクラスの床が落ちて代わりに理科室かなんかにそのクラスだけ引っ越したような記憶があります。

そんな記憶の中に、何を勉強したのかは入っていません。勉強した記憶がありません。もちろん毎日学校に行っていたので、勉強していたのだと思います。

記憶に残るのは、ハプニングや特別なことだけです。毎日の勉強はそれが日常になっているので記憶に残らないのだと思います。

ルーマニアの生活も最初の頃は、見るもの全てがハプニングの連続だったので記憶に残るのだと思います。それが段々ハプニングでなくなり日常になるので記憶に残らなくなります。

そんな事を子どもの誕生日のお祝いに考えています。じゃあ、お祝いに何が良いのでしょう。

何かびっくりするようなことをプレゼントしたいと考えています。車のおもちゃをあげても記憶には残りません。もっとびっくりして忘れられない何かを探してみたいと思っています。

2008年6月4日

修道院めぐりには念入りな計画を

世界遺産に登録されているモルドヴァの教会群 ルーマニア五つの修道院

モルドヴァ フモール修道院

ブコビナ地方を周るには、車が一番です。電車やバスでは、交通の便が悪く周るだけで疲れてしまいます。

世界遺産に登録されていなくても、すばらしい修道院が沢山あります。40くらいあります。教会もあわせたら数え切れないくらいあります。

修道院めぐりをするときには、日本で集められる情報を集めて、どこの修道院を見学するか決めます。そして、地図の上に修道院の場所を入れていき、どの道で行けばよいか考えます。

大きな道以外は、舗装もされていない、砂利もない、泥だらけの道ということもありますので、近道を考えるよりも、幹線道路で行くようなルートを選択します。

そして、現地に行ったら近くの修道院で「修道院マップ」を購入します。この修道院マップを買うことが重要です。ここには、日本で知られていない修道院が細かく書いてあります。

そして日本で検討したルートと照らし合わせて、ちょっと寄り道するくらいの修道院が見つかったら、その修道院に行ってみることをお勧めします。

そこは、あなただけが知っている修道院です。その時にその場所にそこに居る事の不思議さを味わうことが出来ると私は思います。

見たり聞いたりしている情報など本当に小さなことです。実際に自分の目で見たものこそ、現実の世界なのです。その体験をして欲しいと私は思っています。

2008年6月5日

何が変わっても、最後は食料と水で生きられる

2000年頃のルーマニアといえば、道は穴だらけ、町の中心地は車より馬車のほうが多かったのを覚えています。

それがわずか8年でかなり変わりました。それも途中を抜かして、変わってしまいました。

歩き→自転車→オートバイ→車

普通は、この順番で変わっていくのですが、歩きからいきなり車になってしまいました。それもメルセデスの最高級車にいきなり乗った人も出てきてしまいました。

おんぼろアパートからいきなりビラ(大きな家)に引っ越した人もいます。

その間の、物価高騰はそれはそれはすごいものでした。どこかに書いたのですが、セメントの値段は、半年で50%の値上がりをした年もありました。

全てのものが、かなりの値上がりをしています。2倍、3倍、もっともっとです。平均すると10倍くらいの値上がりだと私は思っています。

100円で買えたものは、1000円です。もう恐ろしくなるくらいの値上がりです。

それに比べて日本での値上がりはどのくらいでしょうか。1.2倍、1.5倍くらいではないでしょうか。100円で買えたものが、150円くらいです。

日本は、なぜ物価が上がらないのでしょうか。不思議ですね。原油、穀物、上がっているものが沢山あるのに、なぜそれが小売価格に反映されないのでしょうか。

不思議です。

企業が努力して小売価格を上げていないのだとしたら、今年はかなりの企業がつぶれるのではないでしょうか。何のための企業なのかわからなくなってしまいます。

企業がつぶれると、そこで働いていたサラリーマンの仕事が無くなります。失業保険での生活をしばらくするでしょうから、その間の消費はそれほど多くならなくなります。

消費が増えないで、小売価格が上がらないと、また企業がつぶれます。つぶれれば、サラリーマンの仕事がなくなり、消費が少なくなります。

悪循環の連鎖になってきます。

ルーマニアでは、企業は小売価格をがんがん上げています。上げますが、みんな高い高いと言いながらも買っています。

原材料が上がるのだから、小売価格も上がって仕方がないと考えています。それは普通の考え方だと思います。

いつから日本はそうなってしまったのでしょうか。これから食料危機で、買いたくても買えない時代がきます。それでも今、小売価格を上げないのでしょうか。

小売価格が上がれば、実感として食料品など買えなくなったときにどうしようかと考えることが出来るようになります。

賢い人は、今、買いだめしています。保存食を安く購入しています。静かに、静かに、みんなにわからないように購入しています。

大手のショッピングサイトを見てください。そこで買いだめしそうな物をキーワードに入力して検索してみてください。

在庫が少なかったり、売り切れになっているものが多いと思います。それだけ、購入する人がいるということです。今なら買うことが出来る。これからは、お金があっても買うことが出来なくなると考えているのだと思います。

ルーマニアは、食べるものはあるんです。小麦、とうもろこし、ジャガイモなどなど、水も井戸水があります。水と食料は、なんとか食べていけるだけあります。

日本でもし食料品の輸入がストップしたら、米しか食べるものがありません。その時の米の値段はどのくらいになるのでしょうか。考えただけでも怖くなります。

今から、よく考えて行動されることをお勧めします。

2008年6月12日

日本からの国際線の搭乗にパスポートで顔写真確認

ヨーロッパでは航空機に搭乗するときには、パスポートと航空券の両方で搭乗しています。もうずいぶん前からしています。ルーマニアでもしています。

7月1日からは日本でもパスポートの提示義務化だそうですが、遅すぎる対応だと思います。

テロ防止に対して考えることと、利便性を考えたときに、やはりテロ防止が一番重要だと気づいたのでしょう。

アムステルダムのスキポール空港では、航空機から降りるときにもパスポートで顔写真の確認をしていたこともありました。アメリカからの乗客には、身体検査をしていました。靴まで脱いで確認しているのを見たこともあります。2002年頃です。

そのくらいテロ防止に努めていました。

テロ対策のためには、当然の事として受け止めましょう。時間は掛かるけど、安全にはかえられません。

参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080620-00000055-yom-soci

2008年6月21日


買い物の計算に、引き算しないルーマニア人。その裏にある心。

足し算だけ知っていればルーマニアで買い物できます。

ルーマニアで買い物するならルーマニアの計算の仕方に慣れないといけないのですが、いつまで経っても買い物の計算の仕方に慣れることが出来ません。

ルーマニアの買い物はレイで支払います。50レイ札や100レイ札を使いますが、ここではわかりやすく円のお金で説明します。


800円の油と400円の米を買ったとします。5000円札を出すとおつりはいくらですか?

5000円-(800円+400円)=3800円

5000円から1200円を引いておつりは3800円とわかります。頭の中で計算しますよね。

ルーマニアでは、5000円をお店の人に渡した後の計算の仕方が違います。まず、商品の合計金額を足し算で計算します。1200円ですよね。

次に細かいほうから金額を付け足していきます。100円ずつ付け足して800円をだします。これで2000円と数えます。

次に1000円札を3枚出して5000円になります。

800円+3000円=3800円

出したお金の合計は、3800円になります。確認も100円から数えますので、

「1300、1400、1500、・・・・、2000」(800円)
「3000、4000、5000」(3000円)

これで、こちらが「ありがとう」と言っておつりをもらいます。

私は、このおつりを出した金額まで付け足していく計算方法がどうも馴染めません。何でそんなに面倒な事をするのだろうと思っていました。

頭の中で3800円のおつりは簡単に計算できるのだから、直ぐに3800円返してくれれば簡単なのにと思っていました。

あるとき、もしかしてルーマニア人は引き算をしないのかなと考えました。そう考えると、買い物に引き算をしないでおつりを計算する方法は、これが一番わかりやすいと思いました。


もう一つ理由があります。それは、おつりをごまかしやすいからです。

数えている途中に1つ抜かしてもわかりません。良くやっていますよ、悪い商売人は。混んでいるときなど、聞き忘れたかなと思ってそのままポケットにしまってしまえばわからなくなります。

それと数えているときに、札を一枚出したように見せかけて出していないときがあります。札は重ねていくので、これもわからないときがあります。

そんな理由から足し算を使ってお釣りを出すのかと考えました。

私が買い物に行くと、おつりの出し方は見ているだけで何も聞かないようにしています。聞くとわからなくなってしまうからです。買い物をしたときに合計金額をすばやく計算して、おつりを直ぐに計算して頭の中でその金額だけを考えています。

良くわからないおつりの出し方は、見るだけにして、おつりをもらったら直ぐに自分の計算と合っているかを確認します。合っていれば、「ありがとう」と言って買い物終了です。

合っていなかったときには、その場でお金を出したままじっと数える振りをするだけです。この時に、再度自分の頭の中でおつりがいくらになるか計算します。

おつりが少ないときには、「少ない」と言うとわかっていたかのように足りない金額が直ぐに出てくるときもありました。

逆に多くもらったときには、直ぐに多い分を返しました。店員さんは、びっくりしていましたが、良くわからないおつりの出し方で再度やると、多くおつりを出していたことがわかりました。

後日、そのお店に行くとみんながニコニコしています。どうしたのかと聞くと、多くおつりを出して返した人は初めてだったそうです。

不思議なことがいっぱいのルーマニア、買い物したときにこんなところもチェックしてみてください。

2008年6月23日

ガソリン代の安い日本

1リットル180円ですか。

1リットル200円くらいになるとどう思いますか?ルーマニアはそのくらいのレベルです。

先進国、発展途上国、などありましたが、もうその言葉自体の意味がなくなってきていると考えます。日本は、ガソリン代安いです。180円でも安いです。

おかしな世の中になってしまいました。今までの常識として考えられていたことが通用しなくなってきています。

私はそろそろ限界だと思っています。

ユーロも崩れると予想しているのですが、どうなるのでしょう。

2008年7月2日

洞爺湖サミットは世界が注目しています。だからこそ・・・

私は、最後の声明だけを期待しています。その途中にある経過は聞いても何も解決していかないと考えています。

結果だけ

これだけ期待しています。サミット成果に懐疑的な見方が多いので、逆にサプライズがあったら世界が変わると考えています。

これだけ、石油、食料の高騰が続いていて、G8が何も解決策を示さなかったら、本当に意味のないサミットになってしまいます。

環境は?

拉致は?

もう、最後の声明は作成されていると思いますが、サプライズを期待しています。

世界があっと驚くような声明を期待しています。


2008年7月6日


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080706-00000961-reu-int

私の航空券の買い方。10月出発のルーマニア行きも調べてみました。

今は燃油サーチャージが高いので10万円より安い航空券を探すのが難しくなってきました。

安い航空会社というとKLM、アリタリア、オーストリア、フィンランド、アエロフロートなどが思いつきます。

楽天トラベルで調べてみました。→ルーマニア行きチケット


結構高いですよね。ルーマニアの行き先には、BUH又はOTPと入れます。

10月28日出発11月7日帰り、成田出発KLMで航空券代83,000円と出てきました。最終的な金額は145,000円になります。


私の航空券の買い方は、とにかく安い航空券を探すところからはじめます。インターネットでも近くの旅行会社でもブカレストの知人でも、とにかく航空券を探します。

そこで見つかる安い航空券を決めてしまいます。その航空券、同日乗換えが出来ない場合があります。乗り換え地で一泊する場合があります。

その時には、こちらで予約します。→乗り換え地の宿泊

最終的に、経由地で一泊すると掛かった金額は一番安くないかもしれません。それでも航空券だけは安いところを探します。

経由地で使う宿泊費、交通費、夕食代、これは私の楽しみの一つだと考えています。

オーストリアのウイーンで一泊したときは、朝食付き6500円でした。夕方に到着して朝出発でしたので、夜は、ウイーンの街を「地球の歩き方 オーストリア」を見ながらぐるぐると歩きました。

言葉はわからなくても、その場所にいると人の様子が伝わってきます。それが楽しみでもあります。たまたま買った航空券の航空会社の経由地で、数時間の滞在が出来るプレゼントだと思っています。

地下鉄の乗り方がわからなくても、言葉を知らなくても、ホテルがどこだかわからなくても、その場所に行けば誰かが教えてくれるのです。そうやって助けてもらいながらその国の良いところ悪いところを見るのが楽しみです。

せっかくの海外ですから移動代は安く、自分の楽しみにはお金をかける様な、メリハリのあるお金の使い方をすると、旅の楽しみも増えると思っています。

2008年7月8日

ルーマニア人歌手 デニッサ Denisa - Mie dor

女性でマネレを歌わせたらデニッサが一番だと思います。1年で出した曲は数え切れないほどです。最近出した曲で好きなのが、「Mie dor」です。

彼女の歌声は、耳に心地よく、どんな曲でも親しみやすく聞こえます。

「Mie dor de mine」とあります。どういう意味なのでしょう。「Mie dor de tine」ではないのです。良く歌詞を聴くと女性の心の気持ちを表している、意味のある言葉に思います。

じっくり聞いてみてください。

2008年7月14日

子供の言語能力

日本語とルーマニア語、両方とも簡単に話す子供たち、それでも問題があります。

日本に居るときには、日本語が頭の中を支配しています。

ルーマニアに居るときには、ルーマニア語が頭の中を支配しています。

両方同時に考えることは出来ないようです。

一瞬、忘れたのかと思えるくらい、もう一つの言語を話さなくなります。

それで良いとしましょう。

2008年7月25日

どこまで続くユーロ高

1ユーロ169円をつけて170円が目前ですが、どこまでこのユーロ高が続くのでしょう。

ヨーロッパにとっては、原油や穀物の輸入価格を安く抑えられるメリットがあります。今はこれが一番大きいと思います。ユーロ高歓迎でしょう。

EUから海外へ輸出する企業にとっては、日本やアメリカとの競争力に負けるという心配もありますが、EU内では、それよりも原油や穀物価格の高騰からくるインフレの方が心配でしょう。

このためインフレ対策で金融引き締めの政策がとられています。金利を上げるのもそのためでしょう。

金利が上がると日本円やアメリカドルよりもユーロの方が金利が良いので、益々ユーロに資金が流れていくという循環になります。

私は、ユーロ高は一時的なものと見ています。2000年から上がり続けてきたユーロですが、長く続かないと見ています。EU内のどこかの国が景気減速すれば、順番に隣の国にも移っていき、EU全体で景気が減速していくと考えています。

やっぱり最後の頼みは、アメリカドルだったということになると予想します。

経済は良い時もあれば悪いときもあるものです。その波に乗った人が良い暮らしが出来るものと思っています。しがみつくのではなく、波乗り出来る人が、いつの時代も残ると思っています。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000917-san-bus_all


2008年7月30日

北京オリンピック体操女子団体 ルーマニアは・・

ルーマニアといえば体操

コマネチさんが超有名ですが、体操のレベルは世界のレベルにあります。

13日の体操女子団体決勝、ルーマニアがメダルを取れるのか注目です。

ルーマニアのスポーツ情報はPROTVで見ると動画もあるのでわかりやすいです。

http://www.protv.ro/sport/

2008年8月11日

ケンカが始まったらどやって止める

3人の子供たち、時々ケンカします。

どうやって止めるのが一番良いのか迷います。

1.一番先に手を出したのが悪いのか。

2.それとも手を出させるように悪口を言ったのが悪いのか。

3.ケンカは、どちらも悪いと言うのが良いのか。

4.多数決で決めるのが良いのか。

パパを味方にすると一番強いということを子供たちは知っています。だから、私は何も言わないようにしています。子供たちで解決するように、出来るように日ごろから言っています。

私は、一番最初に手を出したのが悪いと考えています。

どんな悪口を言われても、そう仕向けられても、最初に手を出したほうが悪いと思います。

それでも子供たちなりにルールを作っているみたいで、時々はケンカしますが、一緒にも遊んでいますので大丈夫だと思っています。

ロシアとグルジアでもケンカが始まりましたね。今までの経緯もきちんと考えないといけませんが、それでも先に手を出したのはグルジアですよね。

先に手を出したのはグルジアです。パパ(アメリカ)を味方につけたと考えたのか、パパ(アメリカ)にそそのかされたのか判りませんが、強いと考えて先に手を出してしまったということでしょう。

それもオリンピックが始まったタイミングで手を出すということは、何か強力な力が動いたと考えるのが普通でしょう。

何でパパ(アメリカ)は、子供(グルジア)にケンカさせるのでしょう。そんなにケンカが好きな悪ガキなら、自分でケンカすればいいでしょう。立派な大人なのですから、自分で勝負するのが男らしいと思うのですが・・・。

そそのかすのではなく、もっと立派な大人としての態度を見せるのが役割だと思うのですが・・。

それがパパの役割だと思うのは、私だけではないはずです。


2008年8月16日

海外のパソコンでどうしても日本語入力ができないとき

WindowsXPになってからは、どのパソコンでも日本語表示、日本語入力が簡単な設定で出来るようになりました。

それまでは、ルーマニアでも文字化けでの表示など当たり前でした。入力もローマ字で読みにくいとは思いながらもメールを送ったこともあります。

今は、インターネットカフェ、ホテルのパソコンなど普通に日本語表示、入力ができます。それでもたまに日本語がまったくダメなパソコンがあります。表示は、ほとんど問題なくできますが、入力がダメなパソコンがあります。

そんな時に日本語を入力できるサイトがあります。「AjaxIME」というこのサイト、日本語入力をサイト上でしてくれます。

http://ajaxime.chasen.org/

シンプルですが、非常に使いやすいです。簡単に日本語入力できます。Yahoo!JAPANのWEBメールを取得しておけば、サイトを見られる環境さえ作れれば、どんなパソコンからもメールを送ることができます。

もしもの時のために、URLだけでも控えておくことをお勧めします。

2008年8月19日

掲示板作りました

掲示板 再開したと言うほうが早いですかね。

以前からあったのですが、閉鎖していました。今回、再開しました。

ルーマニアの音掲示板

この数年間は、メールを頂いてそれに返信する形でしていましたが、質問が多岐にわたり私一人ではわからない事も多くなってきました。

これからは、私へメールしていただくより、掲示板に書き込んで頂いた方が、回答も早いし、もっと良いアイディアもあると考えました。

基本的なルールは、他の掲示板と同じです。モラルのない書き込みはしないでください。これだけ守って頂けるのであれば、どんな使い方をしても構いません。

チャットみたく使っても良いですし、ルーマニアに関係するなら仕事、相談、募集、などもOKです。

実際に掲示板を運用していって、何が良くて何がダメなのかを決めていきたいと考えています。

著しく不利益と判断する記事や他人を誹謗中傷する記事は予告なく削除します。理由は説明しません。

みんなが居心地の良い掲示板になればと思っています。

掲示板はこちらです

http://style.boo.jp/oto_topi/

2008年8月23日

ルーマニアも通過するのか、それはいつだ

世界一周をマラソンとヨットで2年かけてするという間寛平さんですが、ルーマニアもルートに入るのでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080831-00000005-maiall-ent

自転車で世界一周している方は、知っていますが、マラソンで世界一周は、見たことがありません。

すばらしいですね。

自分の力を信じて、マラソンで世界一周するとは、本当にすばらしい。

ヨーロッパへは、ポルトガル・リスボンから入るということですが、ルートから考えるとオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、トルコからアジアへと抜けるルートが安全なルートと考えるでしょう。もっと最短ルートもありますが、そこを通るとルーマニアは通らないということになります。

でも2010年ころですので、まだまだ先の話です。

「する」ということがすばらしいですね。

しないで言っているだけよりも、してみることが大切なことだと思います。

言うのはお金は要りません。するには、お金も体力も使います。間寛平さんは、きっと世界を自分の目で見てみたいと考えたのだと思います。

応援しています。

2008年8月31日



ルーマニアの音 エントリー

  1. ルーマニアも通過するのか、それはいつだ
  2. 掲示板作りました
  3. 海外のパソコンでどうしても日本語入力ができないとき
  4. ケンカが始まったらどやって止める
  5. 北京オリンピック体操女子団体 ルーマニアは・・
  6. どこまで続くユーロ高
  7. 子供の言語能力
  8. ルーマニア人歌手 デニッサ Denisa - Mie dor
  9. 私の航空券の買い方。10月出発のルーマニア行きも調べてみました。
  10. 洞爺湖サミットは世界が注目しています。だからこそ・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日