ルーマニアの音もスマートフォン対応しました。

20120530001.jpg

時代はスマートフォンです。パソコン持っていなくてもスマートフォンは持っている人は、かなり増えてきました。

「ルーマニアの音」もスマホに対応しないとユーザーがどこかに行ってしまいそうなので、スマホのページを作りました。

スマートフォン/PC

ホームページの左上にこのような「スマートフォン/PC」のリンクを作りました。スマートフォンをクリックすると、行くことが出来ます。

本当は、パソコンかスマホか携帯か、自動的に振り分けることが出来るのですが、今回はあえてしませんでした。使いやすいページを選択して見ていただけたらと思います。

2012年5月30日

日本で新しい在留管理制度がスタートします

新しい在留制度がスタート

2012年7月9日から新しい在留管理制度がスタートします。大きな変更は、外国人登録証明書から在留カードに変更になります。

今までは、各市区町村の役場で外国人登録をしていましたが、これが入国管理局での在留カードの発行になります。

今、持っている「外国人登録証明書」は一定期間はそのまま「在留カード」とみなされますので、直ぐに切り替える必要はありません。

例えば
永住者の場合、2015年7月8日まで
日本人の配偶者等の在留資格の場合、在留資格更新の日又は2015年7月8日まで

この時までに切り替えをすれば問題ありません。

在留カード

発行される「在留カード」の見本は、これです。ICチップ搭載でカードに記載された事項が記録されます。

有効期間
永住者は交付の日から7年間
日本人の配偶者等の在留資格の場合、在留期間の満了日まで

となっています。

そして、それ以外にも変更点があります。

・外国人にも住民票が作成されます。
今住んでいる場所から別の市区町村に引っ越す場合には、転出届け、転入届けをします。在留カードの裏面に新住所を転入した役所で記入してもらいます。

・「日本人の配偶者等」の在留資格の在留期間が新設されます。3年、1年に加えて5年と6ヶ月が新設されます。(他の在留資格にも新設されます。)
在留期間3年から5年になることは、嬉しいですが、反対に6ヶ月も新設されましたので、場合によっては6ヶ月ごとに在留更新手続きをしなければいけない場合も出てくることが予想されます。

・再入国許可の制度が変わります。
日本を出てから1年以内に帰ってくる場合には、原則として再入国許可を受ける必要がなくなります。「みなし再入国許可」と言うようです。
1年以上日本から出る場合には、再入国許可を受けなければなりません。

と言うような内容が、今回の新しい在留管理制度の内容です。ルーマニア人と日本人で関わってくるであろう内容をまとめましたので、全部を掲載していません。「永住者」と「日本人の配偶者等」の在留資格の方が知る内容になっています。

他の在留資格の場合には、もっと良く調べて下さい。

基本的には、現在の在留資格の更新の時に「在留カード」が一緒に渡されるものだと思って大丈夫です。


2012年6月12日

日本で新しい在留管理制度がスタートしますの続きを読む

【ニュース】ルーマニアで日本人女性殺害(動画あり)

20120819001.jpg

ルーマニア、ブカレストの郊外で、20歳の日本人女性が殺害されたとニュースで流れています。

ヘンリコアンダ国際空港(オトペニ空港)に到着してタクシーに乗って行った日本人女性が国道で見つかったということで、警察で詳しい事情を調べています。

2012年8月19日

【ニュース】ルーマニアで日本人女性殺害(動画あり)の続きを読む



ルーマニアの音 エントリー

  1. 【ニュース】ルーマニアで日本人女性殺害(動画あり)
  2. 日本で新しい在留管理制度がスタートします
  3. ルーマニアの音もスマートフォン対応しました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
昨日 今日